機材選びは楽しいね!■交換レンズ編
デジタルカメラグッズ情報


●FX機(D3/D3x/D3s/D4/D600/D700/D800/D800E)ユーザーのためのレンズ選び

さて、D3/D3x/D3s/D4/D600/D700/D800/D800EではニコンFマウントの様々なレンズを装着して楽しめます。
(前編の●ニコンのデジタル一眼レフカメラで使えるレンズについて」で基本的なマウントの注意点を書いているので、
入門者の方はそちらもご一読下さい。)

装着出来ないレンズは旧非Aiレンズ(NikkorAutoやNewNikkorなど)かそれに準拠するレンズメーカー各社のレンズだけです。
見分け方は絞りリングの縁に露出連動用ガイド(カニ爪)が付いていて、そのガイドに穴が空いていないタイプが旧非Aiレンズです。

Aiレンズ以降のレンズは内蔵露出計が使えます。(非CPUレンズはカメラ本体側でレンズ登録設定の必要があります。)
またレンズ内のモーターの有無にかかわらずAFレンズならAF動作可能です。
勿論、VRレンズではVR機能も動作します。
画角は35mm換算等倍なので、35mmフイルムカメラと同じ画角で使えます。

AFレンズでも装着出来ないレンズは以下のものがあります。
・F3AF専用レンズ(80mmF2.8S,200mmF3.5Sの2本とテレコンTC-16S)
・プロネア専用IXレンズ(30-60mmF4-5.6,60-180mmF4-5.6の2本)

尚、FXフォーマット機ではDXレンズはDXサイズにクロップされてます。
レンズメーカー製APS-C専用レンズはクロップされないものもありますが、ケラレます。
(DX(APS-C)専用レンズとは具体的には、ニコンはDX、シグマはDC、タムロンはDiII、トキナーはDXがレンズ名に付いたレンズを指します。)

ということで、実質DXレンズ(APS-C用レンズ)はFX機でその機能をフルに発揮できません。


◆FX機でフルに発揮出来るAFレンズ一覧(現行レンズのみ)

ニッコールGタイプAFズームレンズ(合計11本)

AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED
AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G ED VR
AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR
AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)
AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6G
AF-S NIKKOR 200-400mm F4G(IF) ED VRII

ニッコールGタイプAF単焦点レンズ(合計14本)

AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED
AF-S NIKKOR 28mm F1.8G ED
AF-S NIKKOR 35mm F1.4G
AF-S NIKKOR 50mm F1.4G
AF-S NIKKOR 50mm F1.8G
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
AF-S NIKKOR 85mm F1.4G
AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G (IF)
AF-S NIKKOR 200mm F2G ED VRII
AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II
AF-S NIKKOR 400mm F2.8G ED VR
AF-S NIKKOR 500mm F4G ED VR
AF-S NIKKOR 600mm F4G ED VR

ニッコールDタイプAFズームレンズ(合計5本)

Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D(IF)
Ai AF Zoom Nikkor ED 18-35mm F3.5-4.5D(IF)
Ai AF Zoom Nikkor 24-85mm F2.8-4D(IF)
Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D(New)
Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D

ニッコールDタイプAF単焦点レンズ(合計16本)

AiAF Nikkor 14mm F2.8D
AiAF Fisheye Nikkor 16mm F2.8D
AiAF Nikkor 20mm F2.8D
AiAF Nikkor 24mm F2.8D
AiAF Nikkor 28mm F2.8D
AiAF Nikkor 35mm F2D
AiAF Nikkor 50mm F1.4D
AiAF Nikkor 50mmF1.8D
AiAF Micro-Nikkor 60mm F2.8D
AiAF Nikkor 85mm F1.4D(IF)
AiAF Nikkor 85mmF1.8D
AiAF DC-Nikkor 105mm F2D
AiAF DC-Nikkor 135mm F2D
AiAF Nikkor ED 180mm F2.8D(IF)
AiAF Micro-Nikkor 200mm F4D(IF)
Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF)


SIGMA製ニコンFマウント用FX機対応ズームレンズ(合計14本)

12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
24-70mm F2.8 EX DG MACRO
24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
APO 50-500mm F4-6.3 EX DG HSM
APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM
APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
70-300mm F4-5.6 DG OS
APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
70-300mm F4-5.6 DG MACRO
APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM
APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG
APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM

SIGMA製ニコンFマウント用FX機対応単焦点レンズ(合計15本)

8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF
24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
35mm F1.4 DG HSM
MACRO 50mm F2.8 EX DG
50mm F1.4 EX DG HSM
MACRO 70mm F2.8 EX DG
85mm F1.4 EX DG HSM
MACRO 105mm F2.8 EX DG
APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
APO 300mm F2.8 EX DG HSM
APO 500mm F4.5 EX DG HSM
APO 800mm F5.6 EX DG HSM

TAMRON製ニコンFマウント用FX機対応ズームレンズ(合計8本)

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD(Model A007N II)
SP AF28-75mm F/2.8 XR Di(Model A09N II)
AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20N II)
AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061N)
SP AF70-200mm F/2.8 Di(Model A001N II)
SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(Model A005N II)
AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2(Model A17N II)
SP AF200-500mm F/5-6.3 Di LD [IF](Model A08N)

TAMRON製ニコンFマウント用FX機対応単焦点レンズ(合計2本)

SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1(Model B01)

Tokina製ニコンFマウント用FX機対応ズームレンズ(合計3本)

AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
AT-X 17-35 F4 PRO FX
AT-X 840 D(80-400mmF4.5-5.6)

Tokina製ニコンFマウント用フィルム/FX対応単焦点レンズ(合計1本)

AT-X M100 PRO D(100mmF2.8 MACRO)

現行AFレンズだけでもニコン純正52本+シグマ29本+タムロン9本+トキナー4本の合計94本から選べます。


番外
ニッコール販売完了品レンズリスト
(すべてではなく主要なものだけです。中古品購入時にお役立てくださいませ。)
ニコン
AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF)
AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)
Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF)
Ai AF-S Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D(IF)
AF-S VR Nikkor ED 200mm F2G(IF)
AF-S VR Nikkor ED 300mm F2.8G(IF)
Ai AF-S Nikkor ED 300mm F2.8D II(lF)
Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II(IF)
Ai AF-S Nikkor ED 600mm F4D II(IF)
Ai AF-S Nikkor ED 300mm F2.8D(lF)
Ai AF-S Nikkor ED 400mm F2.8D(lF)
Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D (IF)
AF-I Nikkor ED 300mmF2.8D
AF-I Nikkor ED 400mmF2.8D
AF-I Nikkor ED 500mmF4D
AF-I Nikkor ED 600mmF4D
シグマ
17-35mm F2.8-4 EX DG ASPHERICAL HSM
APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM
APO 50-500mm F4-6.3 EX DG HSM
APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO HSM
APO 70-200mm F2.8 EX DG HSM
APO 100-300mm F4 EX DG HSM
APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM

FX機ユーザーにおすすめのレンズ

D3/D3x/D3s/D4/D600/D700/D800ユーザーでこれからどのようにレンズを購入したらよいか迷いますよね?
そこでおすすめのレンズの組み合わせを書いておきます。
 (あくまでもAFが動作する現行レンズから選んでおります。)

D3/D3x/D3s/D4/D600/D700/D800をお待ちの皆様はDX機からのステップアップの方が多いと思いますが、そのDX機で使っていたレンズは
DX専用レンズだったりして、FX機ではフルに機能が発揮できないので、標準ズーム選びから始めることも多いと思います。
私の独断により推奨するレンズを一覧にしてみました。
赤い文字のレンズが特に私の一押しレンズです!


■広角レンズ(広角端20mm以下の焦点距離のレンズ)

 風景・夜景・建造物・狭い室内の撮影にはやはり広い画角のレンズをオススメします。
 

実売価格帯 おすすめレンズ
〜3万円 なし
3〜6万円 AiAF Zoom Nikkor ED 18-35mm F3.5-4.5D(IF)
AT-X 17-35 F4 PRO FX (Tokina)

------------------------------------------------------------
15mm F2.8 EX DIAGONAL FISHEYE (SIGMA)
20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF(SIGMA)
AiAF Nikkor 20mm F2.8D (Nikon)
6〜12万円 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM (SIGMA)
AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR
AT-X 16-28 F2.8 PRO FX (Tokina)

------------------------------------------------------------
8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE(SIGMA)
AiAF Fisheye Nikkor 16mm F2.8D(Nikon)
12万円〜 AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED (Nikon)

  コメント
   FX対応広角ズームは現行品はかなり少ないですね。
   以前あったタムロンの17-35mmやシグマ15-30mm、17-35mm、20-40mmなどは軒並み生産完了品になってしまいました。
   まあ、中古でこれらのレンズを探すのもいいかもしれませんね。
   # 私はタムロン17-35mmをD3で使っています。F8まで絞れば結構使えます。
   # 私もよくこのレンズで紅葉写真を撮ったりしてました。色のりは抜群によかったです。
   # でもこのレンズフードが短いせいで逆光に弱いです。順光の写りはかなりいいです。色収差は多め
   # 中古なら1万円台中程で買えるかもしれませんね。
   同様のレンズにシグマからは17-35mmF2.8-4EX DG HSMという超音波モーター内蔵レンズが発売されていました。

   それで一番安価な広角ズームが純正18-35mmです。これは超音波モーターは内蔵していないので、AFは遅いです。
   一部愛用者で評価高かったですね。中古の狙い目かも?
   しかも、ちょっと暗いレンズですが、広角は絞って撮ることが多いので、まあ星野写真や手持ち夜景撮影などをしなければ、
   これはある程度許容できるかな?
   
   私がイチオシなのが、シグマ12-24mmです。現在、魚眼を除けば、これより広角に撮れるズームレンズはありません。
   また、DX機と併用しても充分広角ズームとして通用します。逆光はちょっと弱いようですけど・・・
   このレンズも歪曲収差が少ない事で有名です。
   室内写真や建築写真にもいいかも?
   でも広角だとパースによる倒れ込みが激しいので、撮影時はレンズを水平にしないとならないので、
   シフトレンズの使用が現実的かも?
   
   最新レンズではやはり純正の14-24mmに勝るレンズはないようです。
   # 単焦点レンズをも凌ぐらしいです。
   ナノクリスタルコートが施されているので、逆光に強いみたいです。
   予算がたくさんあるならこのレンズが決定版です。(私もいつかは欲しい・・・)
   
   もう少し安いものだと、純正16-35mmF4G VRが手ぶれ補正機能付きであります。
   こちらもナノクリスタルコートが施されていますね。
   このレンズはズーム全域開放F4通しなので、ズーム位置で絞りが変化しないので、シャッター速度が同じで撮れる利点があります。
   14-24mmは前玉が出っ張っていてフィルターを付けられない構造ですが、このレンズはフィルター装着可能です。
   また望遠端が35mmまであるので、その点ではスナップでも使いやすいと思います。
   
   トキナーの2本のFXレンズは16-28mmがF2.8と明るく、しかも純正14-24mmの約半値とかなり安いです。
   もう1本の17-35mmF4は明らかに純正16-35mmF4G VRの対抗レンズで、2011年9月発売予定ですが、
   値段次第では選択肢としていいかもしれません。

   その他は若干設計の古いレンズですが、純正AF-S17-35mmF2.8Dがありましたが、値段が高くて、逆光に弱かったのが
   玉に瑕です。元々、銀塩フラグシップ機のF5用に開発された高級レンズでした。  
   このレンズも使い込むとSWM鳴きという症状があるらしいです。中古でいい出物があれば手を出してもいいかな?

   前記の17-35mmF2.8Dのさらに前の機種の20-35mmF2.8Dの写りがよかったと
   評価が高いです。中古なら6万円台で当時のフラグシップレンズが購入出来ますね。
   このレンズは今はエコ化で使われていない鉛を使っていたと思います。(それが写りに影響しているのかな?)
   そういえば、このレンズは職人が手作業で磨いた、精研削非球面レンズも使っていますね。
   そこそこの広角撮影が出来るので、これを未だに使っている人も多いようです。
   シグマからはこれに対抗する20-40mmF2.8というレンズもありましたが、逆光に弱かったようです。

   単焦点で、まず安価なものは純正20mmF2.8Dが手軽使えて、コンパクトなので、おすすめです。
   ただし、単焦点でも歪曲収差はあるようです。

   明るい単焦点だとシグマ20mmF1.8があります。
   開放ではフレアっぽくて、もやもやしていて、かなりゆる描画らしいですけど、それが持ち味かも?
   でも2段ほど絞るとシグマらしいシャープさが出るようです。

   ニコンには最高角の単焦点レンズとして14mmがありますが、ニコン14mmはタムロンのOEMではないかと思います。
      (評判はいまいちですが・・・)
   価格も結構高いし、これを買うなら思い切って純正14-24mmF2.8Gがいいでしょう!
   # 中古でタムロン14mmが安ければ買ってもいいかな?
   # それからシグマも14mmF2.8を単焦点出してましたけど、こちらも評判はイマイチでした。

   そういえば、デジタル一眼レフ黎明期に広角ズームが少なく、トキナーの17mmF3.5がよく使われていました。
   # F3.5とちょっと暗いレンズでしたが、当時は17mmより広角なレンズってかなり高価なものしかなかったんです。
   このレンズは色収差、周辺の流れとも大きめで、現在の広角ズームの方が画質がいいかもです。
   それでも単焦点のコンパクトさと軽さは今でもちょっとだけ優位性はありますが・・・
   # 中古で1万円台なら手を出してもいいかな?

   対角魚眼は純正16mmとシグマ15mmは甲乙付けがたいいいレンズのようです。
   ただし、純正レンズだとNikonの現像ソフトで普通の広角レンズのように平面変換が可能です。
   何と言っても最も画角が広いレンズですのでその歪みを楽しめる広角好きの方には絶対おすすめです。
   魚眼レンズは撮っていて楽しいレンズなので、一度体験してみるのもいいですよ!
   
   円周魚眼は対角魚眼に比べあまり使う用途が少ないと思いますが、現在、シグマの8mmがFX機に対応した唯一の円周魚眼レンズです。


■標準レンズ(24〜105mmぐらいを中心としたレンズ)

 スナップ、人物、風景等の撮影で一番よく使う焦点距離のレンズだと思います。

実売価格帯 おすすめレンズ
〜3万円 --------------------------------------------------------------
AiAF Nikkor 35mm F2D (Nikon)

AiAF Nikkor 50mm F1.4D (Nikon)
AF-S NIKKOR 50mm F1.8G (Nikon)
28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF (SIGMA)
3〜6万円 AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G ED VR (Nikon)
24-70mm F2.8 EX DG HSM (SIGMA)
SP AF28-75mm F/2.8 XR Di(Model A09NII) (Tamron)
--------------------------------------------------------------
AiAF Nikkor 24mm F2.8D (Nikon)
AF-S NIKKOR 50mm F1.4G (Nikon)
AF-S NIKKOR 85mmF1.8G (Nikon)
24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO (SIGMA)
28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO (SIGMA)
50mm F1.4 EX DG HSM (SIGMA)
6〜12万円 AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR (Nikon)
SP 24-70mm f/2.8 Di VC USD (Tamron)
--------------------------------------------------------------

AF-S NIKKOR 28mm F1.8G (Nikon)
35mm F1.4 DG HSM (SIGMA)
85mm F1.4 EX DG HSM (SIGMA)
AiAF DC-Nikkor 105mm F2D (Nikon)
12万円〜 AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED (Nikon)
--------------------------------------------------------------
AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED (Nikon)
AF-S NIKKOR 35mm F1.4G (Nikon)
AF-S NIKKOR 85mm F1.4G (Nikon)

  コメント
   FX機でも一番使用機会が多いと思われる標準ズームですが、これが以外と選べるレンズがまだ少ないんです。
   
   値段に糸目を付けないなら24-70mmF2.8Gで決まりです!
   これを買えば、他の標準ズームがあれこれと気になりません。
   ただし、標準ズームなのにちょっとした望遠ズームぐらいの大きさがあります。
   重量も1kg近くあり非常に重いです。
   私はD3にこのレンズを使っていますが、レンズとカメラ本体など総重量で2kgぐらいになってしまいます。
   D3のパワフルなバッテリーでSWMを駆動させるとAFはもの凄く速いです。
   ナノクリスタルコートをはじめ、ニコンの粋を結集して作られたレンズなので、画質に余念はありません。
   但し、前途のように大きくて重い、しかも超高価と三重苦なので、資金と体力に余裕がある人だけてを出してください。

   さて、お金が工面できれば上記レンズをおすすめしますが、とりあえずFXボディを買ったけど、レンズに回せる予算がない場合は、
   定番のタムロン28-75mmF2.8がいいでしょう。
   3万円台で買えると思います。
   ボケ味や色のりは定評があるので、ポートレートレンズとしてもいいと思います。
   ただし、開放ではかなりゆるい画になるとのことです。
   シャープさを求めるなら、別のレンズを検討しましょう。
   # まあ、2〜3段絞って撮ればまあまあらしいです。でもそれ以上絞ってもあとは変わらないらしいけど・・・

   レンズメーカーではシグマ24-70mmF2.8 EX DG HSMも人気ですね。
   # 手ぶれ補正がないのがちょっと残念ですが、まあこの画角なら手ぶれ補正の恩恵は少ないかも?
   純正同様、大きくて重いレンズですが、写りは評判いいようです。
   また、超音波モーター内蔵のF2.8通しレンズなのに実売価格も安いのも魅力ですね。
   
   私はディスコンになったシグマ24-60mmF2.8 EX DGをDX機で使っていた頃がありましたが、そのレンズも結構いい写りでした。
   # 写りはまさにシグマの隠れた名玉!と呼ぶにふさわしいレンズです。
   なんと言っても24-70mmと望遠端10mm差でしたが、大きさ重さは段違いにコンパクトなところが良かったです。
   ただ、色収差が若干多めなのが気になったので、DX17-55mmf2.8Gを購入後、手放しました。
   # 今となっては、FX機を購入するんだったのなら、売らなければ良かったと、ちょっと後悔しています。
   
   開放値暗くても、もうコンパクトで少し軽い純正レンズがいいなら、24-85mmF3.5-4.5G VRが発売されたので、
   これがイチオシです。
   手ブレ補正機能も内蔵しているので、便利に使えそうです。

   中古の格安品を狙うならこれの前機種である製造完了品のAiAF-S 24-85mmF3.5-4.5Dというレンズもありました。
   こちらもSWM内蔵なので、合焦速度はやや速く、しずかなようです。
   描画性能もそこそこらしいです。中古だと割と安い値段で買えます。

   そのほかに、開放F値が一定ではないですが少しだけ明るい24-85mmF2.8-4Dもまだラインナップにあります。
   これは1/2倍まで撮影出来るマクロ機能も付いているので、お散歩レンズにも最適ではないでしょうか?
   # SWMは搭載していないのAF時はうるさいようですけど・・・
   広角開放ではやや甘めで、FX機だと周辺減光も激しいらしいです。
   
   もう少しズーム倍率の高いレンズとしては24-120mmF4G VRがありますが、このレンズは周辺減光が結構あったり、
   画質面では24-70mmF2.8Gには若干劣るようですが、5倍とズーム倍率が高く、ズーム全域開放F値がF4と一定で、
   しかも、VRも付いているので、使い勝手はかなりいいようで、人気の高いレンズになっています。

   とりあえず安価で便利な標準ズームという選択肢なら、上記レンズの前機種であるVR24-120mmf3.5-5.6Gが
   中古で激安購入出来ます。
   こちらも、5倍ズームなので使いやすい画角で望遠域までカバーしていて、色のりもいいレンズです。
   ただし、このレンズは製造ロットによってか?片ボケがあるレンズも存在するようです。
   私はD70の発売日に同時購入したのですが、片ボケのない当たりレンズだったようです。
   ただし、解像度はやや低く、シャープさを求めるとがっかりするかもしれません。
   # 私自身はD3でもこのレンズを使いますが、便利レンズとして、そこそこ満足しています。

   さて、古いレンズでは私も使っているAiAF35-70mmF2.8Dがなかなかいいです。
   今の24-70mmF2.8Gの前々モデルで長い間ニコンの標準ズームのフラグシップレンズでした。
   # 確か、10年以上カタログに掲載されていました。
   # さらにこのひとつ前のモデル(Sタイプ)がニコン最初のF2.8通しの標準ズームだったんです。
   FX機では若干周辺減光や色収差がありますが、ソフトで補正出来ます。
   このレンズは特殊硝材は使われていませんが、2倍という低倍率で、画質に拘っています。
   色のりも今のデジタル向けレンズと違う艶のある感じなんです。
   従ってポートレートレンズや花撮りとかにもピッタリです。
   但し、ズーム方式は直進式なのが古さを感じますね。
   1/2倍までのマクロ撮影も出来ます。
   長く製造されていたので、中古の出物は豊富で、相場が安いのがなにより魅力的です。
   状態のいいレンズでも3万円切っています。
   
   それからこのレンズの次機種である28-70mmF2.8Dもフイルム機のF5と供に長くフラグシップレンズとして
   君臨していたレンズだけあって、逆光以外は現行24-70mmF2.8Gと遜色がないようです。
   ただしSWM鳴きと言われる症状が出やすいレンズのようなので、中古購入ではよくチェックしてください。
   24-70mmF2.8Gの新品価格の半額ぐらいで程度よい中古が買えるかな?
   # このレンズはニコンの標準ズームで唯一グレーモデルが発売されていました。(そのうちプレミアつくかも?)

   ついでにディスコンレンズをもう1本紹介します。
   AiAF28-105mmF3.5-4.5Dです。
   このレンズはフイルム機のF100でよく使われていたレンズです。
   焦点距離も使いやすい画角ですし、これも確か1/2倍のマクロが可能でした。
   ただ、機種によってはデジタルと相性が悪いと言われていました。

   ん〜、なんだかんだで、ディスコンレンズの紹介が多いですね〜。
   それだけ、まだFX対応標準ズームが少ないっていうことかな?

   続いて、今度は単焦点レンズです。
   写りのよさを求めるなら単焦点レンズをおすすめ致します。明るく写りはズームを凌ぐ場合が多いですね。

   明るさでは24mmF1.4G、35mmF1.4G、50mmF1.4G、85mmF1.4Gの純正F1.4カルテットがあります。

   どれもいいレンズそうですが、その中でも35mmF1.4Gの評判は特にいいようです。
   35mmF1.4、50mmF1.4、85mmF1.4はシグマにも同等レンズがあり、選ぶのは大変かな?
   50mmは最初期ロットで絞り羽根が歪だったりしたようですが、現行ロットでは修繕されているみたいです。
   開放〜2段絞ったあたりの写りはシグマ50mmF1.4の方がいいようです。
   ただ、シグマのはそれ以上絞っても、精鋭さは増さないようです。
   開放中心に使うならシグマかな?絞っても使うなら純正がよいでしょう。
   
   ちなみに旧型50mmF1.4Dは私も使っていますが、ややクセ玉です。
   開放〜2段ぐらいまではソフトフォーカスっぽいかなり写りです。
   やや軟調ぎみですね。
   F2.8から絞ると、かなり先鋭度が増して、F5.6ぐらいでピークになります。
   まあ、この描画の変化を楽しみたいなら、どうぞお試しを・・・
   色のりは割といいです。
   中古だと1万円台からあります。

   50mmF1.8Gは比較的最近発売されましたが、最安価なGタイプ単焦点レンズです。
   開放からバッチリ写ります。
   50mmF1.4のふわっとした開放での写りが欲しい場合以外は、こちらのレンズを推奨します。
   前機種からその特徴を引き継いだのか、解像度もかなり高いです。
   色のりはスッキリ系です。
   とにかく安価でボケを楽しみたいとか標準レンズ1本で撮ってみたいという人にはおすすめです。

   旧型の50mmF1.8Dも開放から割と使えるレンズで、抜群の解像度を持っていました。
   色のり控えめです。
   # 中古なら1万円ちょっとで買えそうですね。

   85mmも丁度、ニコンとシグマは50mmの関係に近いようです。
   でもニコンの85mmF1.4Gの開放もなかなか綺麗らしいです。
   値段ならシグマで、総合描写力で純正かな?
   私はひとつ前の85mmF1.4Dを使っていますが、逆光でフレアがよく入る以外、描画性能では全く不満がありません。
   ボケの美しさはニッコールの中でもトップクラスです。
   従って個人的には85mmF1.4Gへの買い換えはしないと思います。

   50mmより大きなボケを活かしてポートレートを撮りたいけど、F1.4はちょっと高くて、手が出ないという場合は、
   85mmF1.8Gを推奨します。
   このレンズもF1.4に負けず劣らず、ボケが綺麗で、開放でも充分使える描画力があります。
   
   続いて35mmですが、F1.4Gはご紹介したとおり、高級レンズで、その写りは素晴らしいらしいです。
   手軽に使える35mmだと35mmF2Dですが、こちらもまたクセ玉です。
   色のりは、かなりコッテリというより、べたっとしてやや下品です。
   開放では50mmF1.4Dよりかなりしっかりしてます。
   25cmまで寄れるのは便利です。軽くてスナップにはいいかもしれません。
   
   24mmF2.8DはDX機では35mm換算36mmぐらいになって便利ですが、FX機だとやや広角過ぎるかな。
   広角スナップには向いています。
   解像度は24-70mmF2.8Gの広角端と比べると負けてしまいます。(^_^;)
   明るさも大口径ズームレンズと同じなので、軽くてコンパクトなところが最大のウリなのかな?
   色のりは素直でしっかりのってきます。

   28mmF2.8Dは50mmに次いで安価なレンズですが、なかなか侮れない描画をします。
   解像度は24mmF2.8Dと同じく、24-70mmF2.8Gに負ける感じですね。
   軽くてコンパクトなので、スナップ撮影や旅行時に重宝しそうです。
      
   次は中望遠になりますが、DC105mmF2Dです。
   DCリングでボケをコントロールできる少し変わったレンズです。
   写りは85mmF1.4Dの画角が狭くなった感じの写りです。
   やや近距離での講堂や体育館の撮影にも便利そうです。

   広角で明るい単焦点レンズはシグマの20mmF1.8EX DG、24mmF1.8EX DG、28mmF1.8EX DGのF1.8トリオが
   ありますが、24mmF1.8と28mmF1.8も開放ではもやもやで使いにくらしいです?
   20mmF1.8同様、2段ほど絞るとシグマらしいシャープさが出るようです。
   特に24mmF1.8はかなり近づけるので、広角マクロ用レンズとしても使えます。


    最後にMF単焦点レンズについてちょっと・・・
   Ai28mmF2.8Sが最短撮影距離20cmと圧倒的に寄れます。ただしデジタルではやや相性悪いとの評判です。
   50mmF1.4Sなどは中古でも割と安く買えます。
   ニコン最軽量、最薄型のレンズはパンケーキ型のAi45mmF2.8Pです。
   レンズ枚数もたった4枚で、その分、透過率が高くヌケがいいです。
   なんと言ってもマウント面からたった17mmしか出っ張りません。(ほとんどレンズキャップ感覚です。)
   但し、製造完了品で、中古市場でも人気が高いので、出物は少ないです。

   ニコン以外ではコシナ製のフォクトレンダー(SLIIシリーズAi-S用)や同カールツァイス(Ai-S用)のレンズがあります。
   # あとコシナではNOKTON58mmF1.4もAi-S用がありますね。

   ついでにディスコン(製造完了品)のレンズをもう少しご紹介しちゃいます。
   夜景を中心に撮影されている方の垂涎のレンズがNoct.58mmF1.2Sです。
   このレンズはサジタルコマフレアを軽減するために熟練工が手作業でしか作れないレンズを使っています。
   従って、その熟練した人が引退して、製造不可となりあえなくディスコンとなりました。←本当か!バキッ!!☆/(x_x)
   中古市場でも30万円以上とかのプレミアム価格が付いています。
   その他で夜景に向くレンズが18mmF2.8Dと28mmF1.4Dでした。
   18mmF2.8Dはその高価格と明るさからあまり注目されるレンズじゃあ無かったんですが、一部、夜景マニアが
   このレンズをこぞって使っていたことから、ちょっと注目されるようになりました。
   # 中古で10万円が相場でしょうか?
   28mmF1.4Dはニコンの一番明るいF1.4トリオの最広角レンズとして注目レンズでした。
   但し、その写りはかなりレンズの特性を知らないと扱いきれないしろもので、じゃじゃ馬レンズとしても有名でした。
   価格も定価20万円以上とかなり高かったです。
   ディスコン後、一時30万円近くのプレミア価格で中古市場に出てました。
   # 今は24mmF1.4Gの発売されたので、暴落しているみたいです。
   上記3本は私の勝手に夜景撮り最高級レンズトリオと名付けています。
   いずれのレンズも現在では環境基準に準じて使用されていない鉛を使っていました。
   
   それから昔から単焦点レンズはひとつ飛びに揃えていくのが、王道とされています。
   例えば20mm/28mm/50mm/85mm/135mmというパターンと
   24mm/35mm/50mm(又は55mm)/105mm/180mmというパターンがあります。(どちらも50mmは入ります。)
   # ちなみに私はAFでは18mmF2.8D/24mmF2.8D/35mmF2D/50mmF1.4D/85mmF1.4Dと変則パターンで持っています。(^_^;)
   # 後はDC135mmF2D、Micro200mmF4Dが欲しい〜!バキッ!!☆/(x_x)

   # MFは20mmF3.5S/28mmF2.8S/45mmF2.8P/50mmF1.4S/55mmF1.2(もしくはMicro55mmF2.8S)/105mmF2.5S
   # 135mmF2.8/180mmF2.8Sの変則パターンで揃えようかと画策中(^_^;)(45mmと50mm,135mmは既に持っています。)

   しかし、実際撮影で持ち出して使うには焦点距離がほぼ倍になる組み合わせとかが使いやすいと感じています。
   # 例えば24mm、50mm、105mmの組み合わせや18mm、35mm、85mmの組み合わせなど


■望遠レンズ(望遠端135mm以上のレンズ)

 遠くの風景の切り取りや運動会などの離れた場所での撮影には欠かせないレンズですね。
 標準ズームレンズの次に欲しくなるのはやはり望遠レンズだと思います。

実売価格帯 おすすめレンズ
〜3万円 70-300mm F4-5.6 DG OS (SIGMA)
AF70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2(A17NII)(Tamron)
3〜6万円 AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF) (Nikon)
SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)(Tamron)

6〜12万円 AiAF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D(New) (Nikon)
APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM (SIGMA)
SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO(Model A001NII)(Tamron)
--------------------------------------------------------
AiAF DC Nikkor 135mm F2D (Nikon)
AiAF Nikkor ED 180mm F2.8D(IF) (Nikon)
AiAF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) (Nikon)
12万円〜 AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II (Nikon)
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR (Nikon)
APO 120-300mm F2.8 II EX DG OS HSM (SIGMA)
--------------------------------------------------------
AF-S NIKKOR 200mm F2G ED VR (Nikon)
AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II (Nikon)

  コメント
   望遠レンズで一番のおすすめはズバリ!VR70-300mmです。(ニコンのお手軽望遠ズームの決定版です!)
   この焦点域では手ぶれ補正機能は効果絶大です!
   写りも前モデルに比べかなり改善されています。
   解像度やシャープさも望遠端以外なら申し分ないです。(テレ端はちょっと落ちます。)
   値段はちょっと高いですが5万円ならなんとか手の届く人も多いと思います。
   とりあえずこのレンズを買っておけば、当分望遠レンズには困らないでしょう!(暗い室内撮影を除く)
   運動会用レンズとしても最適です。

   上記レンズではちょっと高価過ぎる場合は、ひとつ前のモデルのED70-300mmがおすすめです。
   色乗りがよく、シャープな写りで逆光にもそこそこ強いです。
   レンズ自体も軽いので手軽に持ち歩けます。ニコンのレンズカタログにはこのレンズで撮影された作例が
   最初のページに掲載されているぐらいの自信作のようです。

   レンズメーカー製ではタムロン初の超音波モーター内蔵レンズのSP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)が
   大注目株ですね!
   純正より1万円以上安くて、写りはほぼ同等なので、コストパフォーマンスは高いです。

   また運動会用には、屋外昼間開催がほとんどなので、手ぶれ補正機能は諦めて安価な70-300mmを1万円ぐらいで
   買うという選択肢もあります。(その場合は一脚も併用しましょう!)
   もう少し足せば、手ぶれ補正付きシグマ70-300mmF4-5.6 DG OSが買えるかも?
   # でも運動会ではAF速い超音波モーター内蔵レンズは便利ですけど・・・

   もう少し予算が取れるなら、やや明るい中口径レンズが選択出来ます。
   ニコンからもようやく中口径の70-200mmF4G VRが発売になりましたね。
   
   しかし、開放F2.8通しの大口径望遠ズームレンズは写真撮影を趣味にされる方なら必ず1本は持っておきたいレンズです。
   本命は純正70-200mmF2.8G VRIIですがやはり高価なのがネックかな?
   個人的には多少無理(ローンとか?)してでも買っておいた方がいいレンズだと思いますが・・・

   もう少し安価に手に入れるにはED80-200mmF2.8D(New)がよさそうです。
   その写りでは旧VR70-200mmを凌ぐと言われています。画質にこだわりがある方なら
   このレンズが一番おすすめです。(中古なら6万円台ぐらいからあります。)

   またシグマのAPO70-200mmF2.8 EX DG OS HSM MACROは超音波モーターを内蔵しているので
   合焦時に音が静かで合焦速度が速く、手ぶれ補正が付いているのが魅力ですね。
   画質はVR70-200mmF2.8Gと肩を並べるぐらいのようです。

   タムロンのSP AF70-200mm F/2.8 Di(Model A001NII)は手ぶれ補正こそ付いているものの、超音波モーターが
   搭載されていないので、AF速度が若干遅いのが気になります。
   タムロンの色合いが好きな人はこれでもいいかな?花撮りなんかにもよさそう。

   もし200mmでは物足りない場合は、同じくシグマの100-300mmF4 HSMも考慮されるとよろしいと思います。
   200mmF2.8に1.4倍テレコンを付けると開放F値は同じF4になりますが、それより画質はよさそうです。
   こちらも同じく超音波モーターを内蔵しています。但しこの焦点域で手ぶれ補正が付いていないのが致命傷?

   望遠での手持ち撮影を希望される場合はやはり手ぶれ補正機能付きのV70-200mmF2.8 VRIIが一番おすすめです。
   このレンズは20万円以上しますが、望遠での撮影が主となる方は是非選択肢に入れてください。
   
   とにかくF2.8通しのズームは写真撮影を趣味にされているなら1本は持っておくべき必携のレンズです。
   これ1本で花撮り、ポートレート、室内イベント撮影、屋外スポーツや愛犬撮影、風景を切り取る、ちょっと遠くの花火を撮る、
   玉ボケを活かしてイルミネーション撮影、野鳥撮影偵察用などなど、何でもござれです。
   遠くのモノを撮るだけでなく、その大きなボケを活かしたり、圧縮効果を活かしたりして撮影が楽しめます。
   勿論、テレコンでさらなる焦点距離を伸ばしたりも出来ます。(運動会にも便利!)

   それから、体育館でのスポーツ撮影ではVR200mmF2Gが最強です!!(値段も最強!)

   最高の写りを希望されるなら70万円のサンニッパ(300mmF2.8G VRII)をお求め下さい(^^ゞ
   これでは大きくて重すぎる場合はAF-S300mmF4Dもおすすめしておきます。
   300mmF2.8と遜色のない写り(当然1段分暗いですが・・・)と10万円ちょっとで買える値段、F2.8に比べ圧倒的な
   軽さ大きさは大変魅力的です。

   とにかく低予算で明るい望遠レンズとなると純正180mmF2.8Dの中古あたりが狙い目です。
   シャープな写りも高評を博してます。

   DC135mmF2などの明るいレンズはボケコントロールが出来て面白いと思います。   


■超望遠レンズ(望遠端400mm以上のレンズ)

 この焦点距離(400mm以上)が必要になる場合は、かなり限られた被写体となると思います。
 野鳥などの近寄れない野生動物やスタンドからのスポーツ撮影などの場合が多いと思います。

実売価格帯 おすすめレンズ
〜3万円 なし
3〜6万円 AT-X 840D (Tokina)
6〜12万円 APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM (SIGMA)
APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM (SIGMA)
SP AF 200-500mm F5-6.3 Di (TAMRON)
12万円〜 AiAF VR Zoom Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D (Nikon)
APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM (SIGMA)

APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM (SIGMA)
---------------------------------------------------
AF-S NIKKOR 400mmF2.8G ED VR (Nikon)
AF-S NIKKOR 500mmF4G ED VR (Nikon)
AF-S NIKKOR 600mmF4G ED VR (Nikon)

APO 500mm F4.5 EX DG HSM (SIGMA)
APO 800mm F5.6 EX DG HSM (SIGMA)

  コメント
   この焦点距離のレンズは、あまり種類も出ていないし、格安なものは中古をあたるぐらいしかなさそうですね。
   それからこの焦点距離では手ぶれ補正は必携と思ってください。

   新品でイチオシはAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMです。
   手ぶれ補正機能付きで500mmまでのズームで10万円ちょっとの値段です。
   写りは120-400mmOSよりいいらしい?

   低予算で新品なら、このクラスのレンズでは最安値のトキナーAT-X840D(80-400mmF4.5-5.6)しか選択肢がないです。
   広角が80mm始まりなので使い勝手はいいですが、手ぶれ補正がないので、三脚や一脚は必携です。
   # 超望遠レンズが実売5万円台で買えるのが嬉しいですけど・・・

   中古ならシグマの旧500mmズームの170-500mmがお手頃価格でおすすめですね。
   シグマにしては逆光もそこそこ強いようです。でもやっぱり手ぶれ補正機能がないのはツライ!
   400mmで足りるなら中古シグマ135-400mmとかトキナー旧型80-400mmとかが2〜3万円で買えます。
   # ちなみに私の使っているタムロン200-400mmF5.6LDは中古15000円で買いました。

   ある程度、広い画角(短い焦点距離)も必要な場合は同じくシグマの50-500mmもいいと思います。
   このレンズ、じつは10倍という高倍率でありながら170-500mmをも凌ぐ写りだとの評判です。
   後継レンズとして手ぶれ補正付きの50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMの発売されました。
   100mm以下の広角から撮影できる500mmレンズで、手ぶれ補正、超音波モーター内蔵なものでは、唯一の存在ですね。

   どうしても純正に拘るなら手ぶれ補正機能付きVR80-400mmF4.5-5.6Dでしょうね。
   # 但しVRは一番古いタイプ(交換レンズではニコン最初のVR搭載レンズ)なのと、超音波モーターが内蔵されていない
   # カメラボディ内モーターで駆動するタイプなので、AF速度が遅いことが最大の欠点です。
   # 発売されてからかなり年月が経っていて、いつ新機種が出てもおかしくないレンズなので、新品購入は躊躇するレンズでもあります。

   ズームで画質に徹底的にこだわるならVR200-400mmがありますが100万円を超える定価なので・・・
   その他ヨンニッパ(400mmF2.8)やゴーヨン(500mmF4)、ロクヨン(600mmF4)と呼ばれるレンズも同様に
     とんでもなく高価なので割愛します。(^^ゞ
   # でも本格的に野鳥撮影するには必携だったりします。(あ〜恐ろしい世界だ〜!)


■高倍率ズームレンズ(ズーム倍率6倍以上のレンズ)

 1本で大きな画角(焦点距離)の変化が可能な高倍率ズームレンズは、持ち出すレンズを少なくしたいとき、
 大変、有効ですね。
 しかし、高倍率を実現するため、光学設計に無理をしている部分もあるので、写りに関しては単焦点レンズや
 低倍率(2〜3倍程度)レンズには及ばないこともあります。
 けれど、最近の高倍率ズームレンズはかなり画質も良くなっているようなので、1本持っていると
 何かと便利ですね。 

実売価格帯 おすすめレンズ
〜3万円 AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A061N) (Tamron)
3〜6万円 AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC(Model A20NII) (Tamron)
6〜12万円 AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR (Nikon)
12万円〜 なし

  コメント
   一番おすすめは、ニコン純正の28-300mmVRです。
   最新の設計で、高倍率、手ぶれ補正機能、超音波モーター内蔵と機能が充実しています。
   また、他のニコンレンズ同様、逆光にもそこそこ強いようです。
   広角から望遠までこれ1本で対応できます。
   その望遠域の写りですが、300mm近くはやはり70-300mmクラスのレンズには描画性能が劣るようです。
   (200mmぐらいまでなら非常によい写りだとも聞いています。)
   
   上記の純正レンズでは高価だという場合は、より低価格なタムロンの28-300mm VC(A20)という選択もありますが、
   テレ端の開放F値はF6.3と1/3段暗くなり、手ぶれ補正機能も付いていないので、手持ち撮影では手ぶれしやすいですね。
   またレンズ内蔵モーターが超音波モーターでないので、AF駆動はかなり遅いようです。

   安価なものではタムロンの旧機種の28-300mmXR(A061)がよさそうです。
   中古だと実売価格1万円台と、かなり安いのでお試しに手を出してもいいかも?
   ただし、手ブレ補正機能や超音波モーターなどは内蔵されていません!
   私はディスコンになった純正28-200mmF3.5-5.6G使っていますが、とってもコンパクトで気に入っています。
   (しかも中古では非常に安価なのもいい。)


■マクロレンズ(撮影倍率等倍以上が可能なレンズ)

 花や昆虫、はたまた小さな物撮りにおいて、等倍撮影できるレンズですね。
 望遠レンズの中にはマクロ撮影機能付きのレンズがありますが、等倍撮影までできるのは、やはりマクロレンズ
 になってしまいますね。私は花などをよく撮影するので、必携のレンズとなっています。

実売価格帯 おすすめレンズ
〜3万円 MACRO 50mm F2.8EX DG(SIGMA)
3〜6万円 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED (Nikon)
MACRO 70mm F2.8EX DG (SIGMA)
SP AF 90mm F2.8 Di MACRO1:1 (272E NII) (Tamron)
AT-X M100 PRO D(Tokina)
6〜12万円 AF-S VR Micro Nikkor 105mm F2.8G (Nikon)
MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM (SIGMA)
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004)(Tamron)
SP AF 180mm F3.5 Di MACRO1:1 (Tamron)
12万円〜 AiAF Micro ED 200mm F4D(IF) (Nikon)

  コメント
   何と言っても一番おすすめはタムロンの90mmDi(型番272E)です。私はひとつ前の172Eを持っていますが、
   この272Eはさらにデジタルカメラにも対応したコーティングが施されていて、筐体の質感も向上しました。
   さらに90mmに手ブレ補正(VC)機能が付いたF004も発売されましたね。
   色乗りも抜群によく、ボケ味も柔らかい、非常に優れたレンズです。またこのレンズは90mmという焦点距離で、
   ワーキングディスタンスも十分取れて使いやすいですね。
   さらにこの焦点距離のボケだとポートレート撮影にも向いています。
   また35mm換算で135mmは望遠レンズとしても使えますね。
   花などをよく撮られる方ならキットレンズの次に望遠レンズではなく、この90mmDiを購入されるのがいいかもしれません。

   もう少し予算がとれて、さらに背景をボカしたり、ワーキングディスタンスを取りたい場合は、同じくタムロンの180mmDiが
   非常に優れているようです。
   ただこの焦点距離のマクロだと被写界深度が非常に浅い(ほんの数mmぐらい)のでピント合わせは難しいです。

   中望遠マクロでは、トキナーの100mmF2.8マクロの評判も高いようです。
   こちらはがっちりした作りが好みならこのレンズもいいかもです。

   純正では手ぶれ補正付きマイクロレンズはVR105mmF2.8Gがあります。
   但し、 近接撮影時ではVRの効果はあまりないようです。
   被写体とある程度距離がある撮影時はVRの恩恵がありますので、マクロ撮影以外でも使いたいというときは、
   いいかも知れませんね。
   
   もう少し望遠のマクロだと、シグマの150mmF2.8は開放F値が明るく、超音波モーター内蔵なので
   AF主体で撮影される場合はいい選択だと思います。
   (個人的にはマクロはコサイン誤差も発生しやすいのでMFで撮るモノと思っていますが・・・)
   いずれにしても望遠マクロはマクロ撮影経験者でないと使いこなさないかも?

   物撮りには非常にシャープでボケも少し堅めのニコンの名レンズであるMicro60mmF2.8Gがいいと思います。
   ナノクリスタルコート採用では最安値のレンズです。解像度は抜群に優れています。
   但し、60mmなので、背景ボケの大きさとかは中望遠マクロには適わないです。
   解像度が高すぎて、2線ボケが出ることもあるようです。
   やっぱりモノ撮りや男性ポートレートなどに合っているのかな?
   しかし、花をとっても結構上品に写るようです。

   あまり予算が取れない場合はシグマの50mmマクロも綺麗なボケ味で、いい選択だと思います。
   ただ、ワーキングディスタンスはかなり短くなり、等倍付近の撮影では、殆どレンズ直前に被写体を持ってくることになります。

   その他には、ディスコン(製造完了品)になりましたが、マクロレンズでは世界で唯一のニコンのZoomMicroED70-180mmが
   ありました。マクロ撮影に於いてズームレンズだと、構図の変更が簡単に出来るので便利なようでした。
   ズームしてもピントがずれない本当のズームレンズです。(解像度高すぎで、2線ボケがでるようですが・・・)

   その他にMicro200mmF4Dもニコンらしく高解像度でシャープな写りのようです。


FX機ユーザーの為の用途別レンズの揃え方

・これぞ!FX新定番な純正VR付きWズームセット

 AF-S NIKKOR 24-85mmF3.5-4.5G ED VR
 AF-S VR Zoom Nikkor ED70-300mmF4.5-5.6G


 VR70-300mmはこのクラスのレンズではちょっと高価ですが、手ぶれ補正機能の恩恵は非常に大きいと思いますので、
 無理してでもこのレンズの購入をおすすめ致します。
 とりあえずこの2本で24mm〜300mmと不足のない画角で撮れます。
 これに明るい単焦点(28mmF1.8Gや50mmF1.8Gなど)やマクロレンズ(Micro60mmF2.8G EDもしくは
 TAMRONの90mmマクロなど)を買い足せばバッチリです。
 300mmで焦点距離が足りない時はVR70-300mmの代わりにVR80-400mmF4.5-5.6Dをおすすめします。

 (この次のステップとしては大口径標準ズームになるかな?)
  例えば
   AF-S NIKKOR24-85mmF3.5-4.5G ED VR→AF-S NIKKOR 24-70mmF2.8G
   AF-S VR Zoom Nikkor ED70-300mmF4.5-5.6G→AF-S NIKKOR70-200mmF2.8G ED VRII
  に移行するのが王道かな?
  さらに広角ズームのAF-S NIKKOR 14-24mmF2.8GやAF-S 16-35mmF4G VRを追加したり、超望遠レンズや
  単焦点のAF-S NIKKOR 85mmF1.4GやAF-S NIKKOR 300mmF2.8G VRIIなどの大口径望遠単焦点に
  進んでいくのがいいかも?

・高倍率ズーム1本勝負!セット

 AF-S NIKKOR 28-300mmF3.5-5.6G ED VR

 あまりレンズ交換したくない人やとりあえず1本で何んでも撮りたい人向けです。
 写りのごく些細なところを気にしなければ、これ1本で充分実用的です。
 (あとは室内用に28mmF1.8Gがあれば完璧?)

 手ぶれ補正機能付き高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ感覚でどうぞ!
 もう少しお手軽に楽しむならタムロンの28-300mmF3.5-6.3 Di VCやその前モデルの中古でもいいでしょう!
 小型軽量を重視するなら中古でAF Zoom Nikkor ED 28-200mmF3.5-5.6Gなどを買うのもありかな?

・厳選ハイコストパフォーマンスセット

 17-35mmF4 PRO FX (Tokina)
 SP AF 28-75mmF2.8 XR Di LD VC ASPHERICAL (IF) (TAMRON)
 70-300mmF4-5.6 DG OS (SIGMA)
 28mmF1.8 EX DG (SIGMA)
 AiAF Nikkor 50mmF1.8D(余裕があれば現行Gタイプがいいかな?)
 SP AF 90mmF2.8Di MACRO1:1 (TAMRON)

 
 これらのレンズは中古で買うとさらにコストパフォーマンスがいいです。
 画角は17mm〜300mmまでの広い範囲をカバーしていますので、様々な用途に対応出来ます。
 300mm望遠ズームは手ぶれ補正も付いているので手持ちも出来ます。運動会にも最適ですね。
 ポートレートには50mmF1.8Dや90mmF2.8MACROで対応出来ます。
 と言うことで、入門レンズとしてはかなりいい組み合わせではにでしょうか?

・レンズメーカー3つ巴F2.8通し大口径ズームセット

 16-28mmF2.8 PRO FX (Tokina)
 SP AF 28-75mm F2.8 XR Di LD VC ASPHERICAL (IF) (TAMRON)
  APO 70-200mmF2.8 EX DG OS HSM (SIGMA)


 写りを重視したなかなかいい組み合わせだと思います。(^^ゞ
 (3本とも開放F値一定のズームレンズです。)
 同じくらいのクラスの純正レンズより確実に安く(半値以下で)揃えられます。

・格安中古で集める純正単焦点入門セット

 AiAF Nikkor 24mmF2.8D
 AiAF Nikkor 35mmF2D
 AiAF Nikkor 50mmF1.8D
 AiAF Micro Nikkor 60mmF2.8D(製造完了品)
 AiAF Nikkor 85mmF1.8D
 AiAF Nikkor 180mmF2.8s(製造完了品)

 AiAF-S Nikkor ED300mmF4D

 どれも中古市場では玉数多いので、手に入れやすいです。サンヨン以外は1本1万円〜3万円台ぐらいで入手出来るでしょう!
 最初に35mmと50mmの2本を購入するのがよさそうです。
 その次が小型の24mmF2.8Dがおすすめです。
 中望遠の85mmF1.8Dはポートレートにいいですが、
 本気でポートレートやるには85mmF1.4Dの方が断然ボケが綺麗でいいです。
 180mmはあえてDタイプではない格安中古でよく出回っているSタイプをあげました。(^^ゞ
 これらの単焦点レンズはズームに比べ安い小さい(軽い)写りがいいと三拍子揃ってますから・・・
 しかもズームでは味わえないレンズの描画を楽しめます。


 純正に拘らなければ、24mmは、ちょっと大きいけど明るいシグマ24mmF1.8 EX DGが最短撮影距離が短くていいと思います。
 85mmF1.8Dは、一般的にはタムロン90mmマクロがポートレートなど用途が広くておすすめかも?

 ご予算次第ではMicro60mmはマイクロレンズはナノクリスタルコート採用のAF-S60mmF2.8Gがいいかな?
 35mmF2Dも比較的安価な新品AF-S35mmF1.8Gという選択もあります。

・憧れの大三元ズームレンズセット

 AF-S NIKKOR 14-24mmF2.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mmF2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mmF2.8G ED VRII


 この3本のレンズは大三元ズームレンズと言われるもので、すべて大口径F2.8通しのレンズです。
 ニコンの銀塩AF機(F6,F5,F100,F80,F80s,u,u2)にも使用できます。
 
 その他に単焦点F1.4クヮルテット(24mmF1.4G,35mmF1.4G,50mmF1.4G,85mmF1.4G)も揃えると尚いいかも?
 マクロ追加するならAF-S MicroVR105mmF2.8Gが使いやすいかも?
 望遠はAF-S NIKKOR 300mmF2.8G ED VRIIがおすすめ!バキッ!!☆/(x_x)

・手ブレ補正機能が決め手の中口径ズームレンズセット
 AF-S NIKKOR 16-35mmF4G ED VR
 AF-S NIKKOR 24-120mmF4G ED VR
 AF-S NIKKOR 70-200mmF4G ED VR
F4通しの純正VRズームレンズだけで選びました。
望遠ズームもようやく純正F4通しのAFレンズが発売されました。
(トキナーが参考出品していた70-200mmF4のレンズはどうなったのかな?)
その他に明るいレンズを補うのに純正単焦点F1.8トリオ(28mmF1.8G,50mmF1.8G,85mmF1.8G)も揃えるといいかも?

・いつかは揃えたい純正AF単焦点レンズセット

 AiAF Fisheye ED16mmF2.8D
 AiAF Nikkor 18mmF2.8D(製造完了品)
  AF-S NIKKOR 24mmF1.4G ED
 AiAF Nikkor 28mmF1.4D(製造完了品)
  AF-S NIKKOR 35mmF1.4G
  AF-S NIKKOR 50mmF1.4G
 AF-S Micro NIKKOR 60mmF2.8G ED
  AF-S NIKKOR 85mmF1.4G
  AF-S Micro NIKKOR 105mmF2.8G VR

  AiAF DC Nikkor 135mmF2D
  AF-S NIKKOR 200mmF2G ED VRII

 これFマウント交換レンズ(AFレンズ)の本当の究極です!
 でもこの次にMFレンズのさらに深みが待っています。(^_^;)
 (Noct-Nikkor58mmF1.2やZFマウントのツァイスレンズ、フォクトレンダー等・・・バキッ!!☆/(x_x))

・SIGMA製単焦点レンズセット

 20mmF1.8 EX DG (SIGMA)
 35mmF1.4 EX DG (SIGMA)
 50mmF1.4 EX DG HSM (SIGMA)
 85mmF1.4 EX DG HSM (SIGMA)

 コストパフォーマンス抜群の大口径単焦点レンズセットです。
 シグマの単焦点1.4トリオとF1.8トリオの最広角20mmを足した組み合わせです。
 (予算に余裕があればF1.8トリオ(24mmと28mm)もすべて揃えてもいいかも?)

・とにかく広範囲な焦点域を確保したい欲張りなあなた向けSIGMA製高性能レンズセット

 12-24mmF4.5-5.6 EX DG HSM (SIGMA)
 24-70mmF2.8 EX DG HSM (SIGMA)
 APO70-200mmF2.8 EX DG OS HSM (SIGMA)
 APO150-500mmF5-6.3 EX DG OS HSM (SIGMA)

 焦点距離のつながりもいいですね。4本で12〜500mmまでカバー出来ます。
 あと室内用に28mmF1.8 EX DGでもあればいいかな?
 70mmF2.8MACROか150mmF2.8MACROをプラスするのもグッドです。

 望遠ズーム2本の代わりに50-500mmF5-6.3 EX DG OS HSMでもいいでしょう。

・色のり最高!TAMRON製高性能レンズセット

  SP AF 17-35mm F2.8-4 Di LD ASPHERICAL (IF) (TAMRON)(製造完了品)
  SP AF 28-75mm F2.8 XR Di LD ASPHERICAL (IF) (TAMRON)
 SP AF 70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (TAMRON)
 SP AF 200-500mm F5-6.3 Di LD [IF] (TAMRON)
 SP AF 90mm F2.8 Di MACRO (TAMRON)


 こちらはタムロンで揃えてみました。17〜500mmまでカバーしてます。
 17-35mmF2.8-4Diは製造完了品ですが、中古なら豊富にあります。
 マクロはさらにSP AF180mmF3.5Di MACROも揃えるといいと思います。
 望遠は500mmまでいらないのならSP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)でもいいでしょう。

・室内撮り用大口径レンズセット

 16-28mmF2.8 PRO FX (Tokina)
 20mm F1.8 EX DG (SIGMA)
 AF-S NIKKOR 28mm F1.8G
 AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gもしくは50mmF1.4 EX DG HSM (SIGMA)
 

 そこそこ安価な大口径レンズを選びました。
 F2.8通しの明るいズームとズームレンズにはないF1.8以下の室内向き単焦点3本を選びました。
 50mmF1.4Gは50mmF1.8Dでもいいかもしれません。
 講堂や体育館用ならシグマ70-200mmF2.8 EX DG OS HSMがおすすめ!

・なんたって広角派!レンズセット

 8mmF3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE(SIGMA)
 AiAF Fisheye Nikkor ED16mmF2.8D
 20mmF1.8 EX DG(SIGMA)
 AF-S NIKKOR 16-35mmF4G ED VR


 広角大好き派にはおすすめセットです。(最望遠がズームの35mmっていう恐ろしい組み合わせ!)

 20mmは室内用ですが、広角マクロに拘るなら最短撮影距離の短い24mmF1.8がいいです。

・じっくりマクロ派レンズセット

 24mmF1.8 EX DG MACRO (SIGMA)
  AF-S Micro NIKKOR 60mmF2.8G ED
  AF-S Micro NIKKOR 105mmF2.8G ED VR
  AiAF Micro ED200mmF4D

 24mmF1.8はマクロレンズではないですが、かなり被写体に近寄れてワイドマクロ風に撮れます。
 
安価なセットではシグマ50mmF2.8 MACRO EX DG、タムロンSP AF90mmF2.8Di MACRO、AP AF180mmF3.5Di MACROの
 組み合わせがいいかもです。
   

・華麗にポートレート派純正レンズセット

 AF-S NIKKOR 24-70mmF2.8G ED
 AF-S NIKKOR 50mmF1.4G
  AF-S NIKKOR 85mmF1.4G
  AiAF DC Nikkor 105mmF2D
(又はAiAF DC Nikkor 135mmF2D)
 AF-S NIKKOR 70-200mmF2.8G ED VRII (又はED80-200mmF2.8DNew)

 どのレンズもボケ味重視です。子供からオネエチャン撮りまで出来ます。
  あと、男性ポートレートにはMicro60mmF2.8Gがいいです。(^^ゞ
 出費を抑えるには純正24-70mmF2.8Gの代わりにSP AF 28-75mmF2.8 (TAMRON)と
 VR70-200mmF2.8の代わりにシグマ70-200mmF2.8 DG OS HSMという手もあります。

・フットワーク重視なスナップ派レンズセット

 AF-S NIKKOR 28mmF1.8G
 AF-S NIKKOR 50mmF1.8G
  AF-S NIKKOR 24-85mmF3.5-4.5G ED VR


 どのレンズも比較的小型で軽い重量のものばかりです。
 MFなら製造完了品ですがAi45mmF2.8Pが重量120gで最軽量です。
 24mmと35mmはF1.4の純正単焦点がありますが、大きくて重いのでDタイプの24mmF2.8とD35mmF2Dがいいかも?
 もう少し広角が必要ならば、単焦点のAiAF18mmF2.8D(製造完了品)やAiAF20mmF2.8D、ズームなら16-35mmF4G ED VRを
 加えてもいいかな?

・夜景はやっぱりプレミアセット

 AiAF Zoom Nikkor 20-35mmF2.8(製造完了品)
 AiAF Nikkor 18mmF2.8D(製造完了品)
 AiAF Nikkor 28mmF1.4D(製造完了品)
  Ai Noct Nikkor 58mmF1.2S(製造完了品)


  職人さんの手作りの精研削非球面レンズを使ってサジタルコマフレアを極力抑えた製造完了品ですべて集めてみました。バキッ!!☆/(x_x)
 また、使いこなしの難しいと言われている28mmF1.4Dですが、夜景にはかなり向いているようです。
 このレンズ生産完了品になりましたので、新品は流通在庫限りになりました。
 最近は中古でもあまり見かけなくなりました。Noctの二の舞かも?
 同じく生産完了品の18mmF2.8mmも大変、夜景に向いたレンズだと思います。
 こちらはたまに中古玉を見かけます。以前は9〜10万円しましたが、最近では5万円台のものもちらほら目にしますので、お買い得かも?
 Noctはご存じのとおり夜景撮影用に開発されたレンズですが、とっくに生産完了品になっています。
 中古でも最低20万円以上の値段が付いています。

 ズームレンズなら同じく精研削非球面レンズを使用しているAiAF20-35mmF2.8Dですね。(^^ゞ
 現行品ではナノクリスタルコートを施してあるAF-S NIKKOR 16-35mmF4G ED VRがよろしいかと思います。

・鳥屋さん、鉄屋さん、飛行機撮り、屋外スポーツ撮りの為の望遠入門レンズセット

 AiAF-S Nikkor ED300mmF4D+TC-17EII(純正1.7倍テレコン)
 APO150-500mmF5-6.3 EX DG OS HSM(SIGMA)+APO TELE CONVERTER 2x EX DG(SIGMA製2倍テレコン)
  もしくはAPO50-500mm F4-6.3 EX DG OS HSM (SIGMA)+APO TELE CONVERTER 2x EX DG(SIGMA製2倍テレコン)

 とにかく安くて焦点距離の稼げるレンズです。300mmF4Dは超音波モーター内蔵なのでそこそこAFも速いです。
 150-500mmは手ぶれ補正や超音波モーター内蔵なので手軽に超望遠撮影が出来ることですね。
 50-500mmは10倍ズームの便利さと焦点距離が魅力ですね。
 2倍テレコン着けるとF13ぐらい暗くなりますが1000mmは魅力的です。

・鳥屋さん、鉄屋さん、飛行機撮り、屋外スポーツ撮りの為の望遠中級レンズセット

 APO120-300mm F2.8 EX DG HSM (SIGMA)
  APO500mmF4.5 EX DG HSM (SIGMA
)

 シグマの比較的廉価な大口径望遠レンズのセットです。

・鳥屋さん、鉄屋さん、飛行機撮り、屋外スポーツ撮りの為のレンズ沼主御用達純正大口径望遠レンズセット

 AF-S NIKKOR 300mmF2.8G ED VRII
  AF-S NIKKOR 400mmF2.8G ED VR(スポーツ向け)
  AF-S NIKKOR 600mmF4G ED VR (又は500mmF4G ED VR)
  AF-S NIKKOR 70-200mmF2.8G ED VRII(偵察用)
 AF-S VR Zoom Nikkor ED200-400mmF4G


 上記レンズ全部の合計値段は、車だったら国産3ナンバーの新車が買えます。(^_^;)
 一般の人は決して近づいてはいけない世界です。(^^ゞ
 腕力もかなり必要になりますので、身体も鍛えましょう!!
 (あと、究極の室内スポーツ撮影用レンズなら200mmF2G VRIIですね。)