機材選びは楽しいね!■フィルター編
デジタルカメラグッズ情報

■フィルター編

様々な撮影効果をもたらすフィルターが多数販売されていますが、デジカメで効果的なフィルターを紹介しています。

私の持っている
各種フィルターの一部

 銀塩一眼レフカメラ用に様々な撮影効果をもたらすフィルターが多数販売されていますが、
 デジカメでもこのフィルムカメラ用のフィルターが使える機種があります。
 主にデジタルカメラの中級機以上のクラスで、以下のようなものが、フィルターを装着できます。
 レンズの先端にネジが切ってあるものはフィルターが直接装着できます。
 そうでない、沈胴式レンズ(レンズが電源スイッチを入れたら伸びて出てくるタイプ)の場合は
 本体のレンズの根元部分の周囲にネジが切ってある場合があります。
 これは、そのネジ部分に別売のアダプタリング(アダプタチューブ)を装着して、
 そのアダプタリング先端にフィルターが取付けられるようになっている。

フィルター購入時の注意点

 ・フィルターは径の大きいものほど単価が高い。49mm未満のフィルターは販売されている種類が
  格段に少なくなる。(中にはデジタルカメラ用の小口径フィルターで銀色枠のタイプもあります。)

 ・色温度関連やモノクロ関連フィルターはデジカメではあまり意味がない!
  (ホワイトバランス設定機能がほとんどのデジカメであるから)
  (細かい色温度設定の場合はレタッチするよりも画質の劣化がなくてよい場合もある)

 ・フィルターはあまり枚数を重ねて使うと広角側の撮影でケラレることがあります。
  PLやクロススクリーンなどの厚みのあるものは1枚、その他の薄いものはせいぜい2枚が限界です。
  ステップアップリングを装着した場合は薄いフィルター1枚と同じ厚さと考えてください。
  中にはフィルター1枚でもレンズ先端のネジ径より1〜2段大きい径でないとケラレてしまうものもあります。

 ・レンズ先やアダプターリングのフィルターネジ径と同じ大きさのフィルターを揃えましょう!
  基本的には径の大きさはカメラメーカー推奨の大きさがいいでしょう。

 ・2機種以上で共有する場合は大きい方の径に合わせて、フィルターを揃えるといいでしょう!
  その場合、径の小さい方の機種には下記のステップアップリングを間に付ければ使用できます。
  私の場合はE5700用のアダプタリングが52mm径で、C-2100UZはレンズ先端部に49mmのネジが
  切ってあります。そこで、52mmのフィルタを揃えておいて、それらをC-2100UZに装着する場合は
  49mm-52mmステップアップリングを間に付けて使用しています。

・最初に購入するフィルターのお薦めは?

 MCプロテクター、PLフィルタ、ND8フィルターの順におすすめ致します
 (MCプロテクターの代わりにUVフィルターやスカイライト・フィルターなど常用フィルターとして適しているものでもOKです。)

 
マクロ撮影をよくする方は、クローズアップレンズNo.3あたりのご購入もいいと思います。
 (周辺画質も重視するなら2枚レンズのACタイプがオススメです!)

 大きさはそのカメラに合った径を直接取付けるか、それより大きい径をステップアップリングを使って
 装着するとよいでしょう。
 決して、小さい径のフィルターをステップダウンリングを使って取付けるてはいけません!
 広角側でケラレます!


●常用フィルター

常用フィルターにはレンズの保護を目的とした無色透明なガラスのプロテクターと呼ばれるものが一般的です。
そのほかに薄いピンク色のスカイライト、UVなどがあります。
私はデジタルカメラではプロテクターをおすすめします。

(ただし、逆光時などはこのフィルターが原因の悪影響が出る場合があるので、使わない人も多いようです。)

★PRO1Digital プロテクター(W) 77mm (Kenko) 定価6,000円

シグマの10-20mmを買った時に一緒に購入しました。(ちょっと値引きしてくれました。)
薄型枠なので広角レンズにも使用出来るようです。
(シグマ10-20mmは薄型フィルターでは無くても大丈夫ですが・・・)

PRO1Digitalシリーズは薄枠タイプで、デジタルカメラの使用で発生しやすいフレアやゴースト
を抑えるために、両面ハイグレードマルチコート加工してあり、枠自体もつや消しの黒で、
さらにガラス部の外周を黒塗り加工するなどで、内面反射を極力抑えてある仕様のようです。

★HMC プロテクター WP 77mm (Kenko) 定価9,500円

近所のカメラ屋のジャンク箱に入っていました。値段は何と100円。ちょっとラッキーかな?
ほとんど使われた形跡がない一品でした。

これも薄枠タイプのプロテクターです。HMCシリーズはハイグレードマルチコート仕様で、
WPは撥水コート加工を示しているようです。水は勿論、汚れにも強いとメーカーは宣伝してます。

上のPRO1Digitalの約1.5倍ほどの定価のプロテクターですが、それほど違いがあるのかな?

★MC プロテクター 52mm (Kenko) ×2 定価2,200円

★MC プロテクター 58mm (Kenko) 定価2,800円

手前が58mm径、
奥の2つが52mm径
レンズの保護用のフィルターです。レンズの汚れや破損などを防止します。
無色透明で写りには全く影響を与えないです。私はデジカメに常時装着してます。
(他のフィルターやコンバーターを使うときははずしますが・・・)
私はE5700用とC-2100UZ用に2枚持っています。58mmはNikonの純正テレコンTC-E15ED用です。
これを付けていれば、息を吹きかけて、ソフトフォーカス代わりにしたり出来ますね。

★HAZE プロテクター MC MX 62mm (Kenko) 定価3,300円



 E-10用に購入しました。62mm径の各種フィルターは52mmに比べると1.5倍ぐらい値段が高いですね。
 これは中野のフジヤカメラジャンク館で新古品を1,320円で購入しました。

★MC プロテクター 62mm (Kenko) 定価3,300円



 TL-FX9用にフジヤカメラのジャンク館で中古品を800円で購入。

★MC プロテクター 49mm (Kenko) 定価2,000円



 E-100RS用にマップカメラ2号館で見つけた中古品です。200円で購入。

★MC プロテクター LMC-1 55mm (NIKO) 定価?円



 SIGMA 55-200mmDC用にフジヤカメラのジャンク館で中古品を400円で購入。

★MC プロテクター 105mm (Kenko) 定価13,000円

MCプロテクター単体。 WCON-08Bに装着。
 WCON-08B用にフジヤカメラジャンク館にて中古3,200円で購入。
 105mmNDフィルターは以前購入したのですが、105mmのフィルターってなかなか中古で売っていないから、
 思わず買ってしまいました。
 中古1万のレンズに3,200円のプロテクターはもったいなかったかな?

★MC NORMAL(プロテクター) 86mm (MARUMI) 定価10,000円


 TL-FX9用にフジヤカメラのジャンク館で中古品を2,500円で購入。

★MC NORMAL(プロテクター) 77mm (MARUMI) 定価5,000円



 TCON-17用にフジヤカメラのジャンク館で中古品を1,500円で購入。
 これをTCON-17にねじ込むとピッタリはまり、その先にテレコンを連結しても落下しない感じです。
 (この件は、あくまで自己責任でお願いします。)
 B-300用にもうひとつ買えばよかった・・・

★MC NORMAL(プロテクター) 72mm (MARUMI) 定価4,400円



 これもフジヤカメラジャンク館にて1,000円で購入した中古品です。
 M-CON35用に購入しました。

★MC UV SL-39 52mm (Kenko) 定価2,200円



  これはUV(紫外線)カットフィルターで、海や山の紫外線が多い場所では、青っぽく影が写ったりしますが、
  それを軽減してくれるフィルターです。MCプロテクターの代わりに常用もできます。
  SL-39という型番から390ナノメートル以下の紫外線をカットするようです。
  このフィルターはマップカメラ2号館にて98円で購入したジャンク品です。

★MC SKYLIGHT [1B] 55mm (Kenko) 定価2,200円



 TAMRON 90mmマクロレンズ用にフジヤカメラのジャンク館で中古品を400円で購入。

★MC SKYLIGHT [1B] 67mm (Kenko) 定価3,800円


 DX18-70mm用にフジヤカメラのジャンク館で中古品を800円で購入。

●偏光フィルター

円偏光フィルターは反射除去効果や色彩コントラスト効果があるフィルターです。
例えば、水やガラス窓の映り込みを無くしたい場合や順光時に空を青く写したり、桜の花をちょっと赤くしたり
したい場合などに使われる事が多いです。
私は、反射での映り込み量を多くする場合にも使っています。
風景撮影には必需品です。

これ付けると絞り1段半〜2段ぐらい減光します。
このフィルターは2枚重ねのような状態になっていて、前のほうをくるくる回して一番暗くなった位置が
最も効果がある。反射除去効果には平面に対して30〜40°の時が最も効果があり、色彩コントラスト
効果には順光で太陽に対して90°の角度が最も効果的。(日中は地平線付近、日没頃は頭上付近の空に
いちばん効果的。)
使用時に太陽の方向に合わせる▲マークのみ刻印されています。

値段が半分ぐらいの普通の偏光(PL)フィルターもあります。こちらはマニュアルフォーカス用となっていますが、
コンパクトタイプのデジカメのAFでも十分使えるようです。

注意!
デジタル一眼レフカメラでは必ず円偏光(Circular)タイプを使用してください。
そうでないと、露出が狂うことがあります。

理由は、
直線偏光した光はハーフミラーの所で偏光の向きによって反射率を変えてしまいます。
AF一眼レフの露出センサーやAFセンサーは、クイックリターンミラー(ハーフミラー)よりも後側にあります。
その結果、光量は同じでも直線偏光の向きによってハーフミラーでの反射率や透過率が変わってしまい、
露出値が狂ったり、AFが作動不良になったりするのです。

その為にハーフミラーを必ず持っているAFカメラ対策に、直線偏光を向きのない円偏光(回転させながら光が進みます)
に変換する「1/4波長板」が偏光膜の後に重ねられたものがサーキュラーPLフィルターです。

★Digital Circular P.L.D. 77mm (MARUMI) 定価14,500円



77mm径のレンズ用です。デジタル対応品で、2枚重ねのPLにかかわらずm普通のプロテクターなど
と同じ厚みの薄型です。
10-20mmDC,SP AF 17-35mm,24-60mmDG,VR70-200mm,200-400mmなどのレンズで使用しています。

Circular PL 52mm (Kenko) 定価5,000円


Circular PL 62mm (MapCamera) 定価3,480円



これはE-10用のC-PLフィルターです。E-10はハーフミラー式なので普通のPLは使えません。
また、62mmのC-PLはフィルターメーカー製では5000円ぐらいするのですが、これはマップカメラのオリジナル
C-PLフィルターで通常は3,480円で購入できます。(通販もしているようですが・・・)
私が購入したときは、マップカメラ創業祭だったのでさらに9%引きの3,167円で購入できました。

Circular PL 49mm (Kenko) 定価5,000円

C-PLフィルタ単体 C-2100UZに装着。 C-2100UZに装着した
アップ画像。
C-2100UZ用にマップカメラ2号館で見つけた中古品です。400円で購入。
銀枠なので、C-2100UZにぴったり?

PL 62mm (Kenko) 定価3,300円



これは円偏光タイプではない方のPLフィルターです。
フジヤカメラのジャンク館で中古品を200円と安かったので、TL-FX9用に買ってみたのですが・・・

●減光フィルター

  昼間の太陽光がふりそそいだ野外で、絞りを開けたい時に露出オーバーになってしまうことがありますが、
  そういう場合にこのフィルターで減光してあげればいいですね。(特にC-2100UZは1/800までしかシャッター
  スピードが速くできないので有効です。)また、水の流れとかをなめらかに写す場合にシャッタースピードを
  遅くしますがそういう時も利用できます。
  あと、裏技っぽい使い方だと、逆光時のデイライトシンクロ撮影で、シャッター速度がスピードライト同調速度を
  超えることがよくありますが、そういう場合にNDフィルターで減光して同調速度以下にシャッター速度を抑える
  ことが出来ます。

花火の撮り方(D70の基本的な設定)

 撮影位置:風上(風下では煙ばかり写ってしまう!)
 撮像感度:ISO200(最低感度)
 露出モード:マニュアル
 絞り:F8〜F11(絞り過ぎは回折が発生してシャープさがなくなります。)
 露出時間:6〜15秒(黒い遮蔽板で手動コントロール←露光している時間は4〜12秒ぐらいが多いです。)
 フォーカス:マニュアル(無限遠の位置で固定)
 ホワイトバランス:晴天(赤が強く出過ぎる時は微調整でプラスに設定する。)
 使用機材:三脚、ND8フィルター、リモコン、アイピースキャップ、遮蔽板

 NDフィルターは光跡を長く写す場合、露光オーバーにならないようにするのに必携です。
 レンズは花火から200〜300mぐらいなら広角、500〜600mくらいなら標準か中望遠、1kmぐらいなら望遠、
 2〜3kmぐらいなら超望遠っていうところでしょうか?
 ノイズリダクションは、次の花火がすぐ撮れないので設定しません。
 アイピースキャップはリモコン撮影時やバルブ撮影時にファインダーからの逆入光を防ぐために使います。
 (比較的打ち上げ位置から近い場合など角度によってはアングルファインダーが有ると楽ですよ)
 スターマイン系は露光オーバーに要注意です。(2〜4秒ぐらいがおすすめ)
 尺玉は8〜10秒ぐらいの露光時間が必要です。
 シャッター速度を10秒にセットして遮蔽板でコントロールします。

★PRO1Digital Pro ND8(W) 77mm (Kenko) 定価7,000円

薄型枠のND8フィルターです。
5本ぐらい持っている77mm径レンズ用に新品を買ってみました。
やはりND8は必携のフィルターですね。(^^ゞ 

★Pro ND4 52mm (Kenko) 定価2,500円

奥左ProND4、右ProND8
、手前MC ND400
ND4は2絞り分(1/4の光量に)減光できます。尚、1絞り分(1/2の
光量に)減光するND2も販売されていますが、この位の減光では絞りを1段絞ればすみそうなので、買って
いません。

★Pro ND8 52mm (Kenko) 定価2,500円



上記のND4と同じですがこちらは3絞り分(1/8の光量に)減光されるので、 かなりその効果があります。
水の流れなどを表現する場合や打ち上げ花火撮影時のシロトビ防止などにも、便利なので、一番使用
頻度の高いNDフィルターです。

★MC ND400 52mm (Kenko) 定価2,200円

上記のND8でもまだ光量オーバーの時に最終手段として使います。なんと8.7絞り分(露出倍数400)減光
します!
風景の中の人物を消す場合に長時間露光しますが、そういう時にも便利ですね。

★MC-ND4X 62mm (MARUMI) 定価3,300円



E-10用に購入したND4フィルター。E-10はレンズシャッター式でシャッタースピード上限が1/640までしか
ないので、NDフィルターは必需品ですね。
これはフジヤカメラジャンク館で新古品を100円で購入しました。

★ND-2x 62mm (HAKUBA) 定価3,800円



これもE-10用にフジヤカメラジャンク館にて中古800円で購入。
ND4に比べれば1絞り分しか減光しないので、ちょっと光量オーバーの時ぐらいしか使う場面がなさそう?

★MC-ND4X 49mm (MARUMI) 定価2,000円

★MC-ND8X 49mm (MARUMI) 定価2,000円

MC-ND4X MC-ND8X
これはE-100RSやC-2100UZ用で、上と同じくフジヤカメラジャンク館で新古品を各100円で購入しました。

★Super ND8X 67mm (HAKUBA) 定価4,400円



D70のレンズキットのDX17-70mmで花火を撮影するために購入しました。
花火撮影では三脚は当然ですが、さらにND8フィルターは必携ですね!

★H-4x 105mm (?) 定価?円

H-4x単体 WCON-08Bに装着 E-10+WCON-08Bに装着
WCON-08B用に購入したND4フィルター。WCON-08B装着時でも晴天の昼間に撮影出来ます。
これはマップカメラ1号館でメーカー不詳のジャンク品を1,800円で購入しました。
ちょっと厚みのあるフィルターですが、E-10とWCON-08Bにこれを装着したところ、ケラレ無く撮影できました。
ちなみに、105mmのNDフィルターは新品で購入するとKenko製で定価17,000円もします。

★R-HALF ND4 52mm (Kenko) 定価2,200円



半分だけND4で、残り半分が透明なフィルター。
日向と日陰が混在する風景のような場合に、このフィルターで、日向側にND部分を使用すると、明暗のバランス
がコントロールでき、白トビ・黒ツブレを抑える効果があります。先端は回転出来るようになっています。

●軟調フィルター

いわゆる、ソフトフォーカスフィルターです。光学ガラスに特殊加工がしてあって軟調効果を出しています。

★シルキーソフトB 52mm (MARUMI) 定価2,500円


このタイプは効果の若干強いタイプですね。効果の弱いAタイプもあります。
ソフトフォーカスフィルターはその効果のかかり方やその強さによってディフュージョン、ディフII、デュート、
フォギーライザー(以上MARUMI)、ソフトンスペックA・B、PROソフトンA・B、デュート、フォギー、
ブラックミストNo.1(以上Kenko)
など数種類発売されています。

★ソフトンU[A] 62mm (Kenko) 定価5,500円?



E5700用に購入した軟調フィルター。フィルター表面に特殊処理が多数施されている。
これは、効果の弱いAタイプ。フジヤカメラジャンク館にて800円で購入。

★FOGGY[B] 52mm (Kenko) 定価2,200円



E-10用に購入した特殊効果フィルター。まるで霧の中で撮影したようになる特殊効果フィルターです。
これは、効果の強いBタイプ。フジヤカメラジャンク館にて中古400円で購入。

●色温度変換フィルター

色温度を補正したり強調したりするフィルターです。
デジタルの場合は後から現像作業やレタッチ作業で同様な効果が簡単にできるので、あまり必要性は無いかも?

★グリーンエンハンサー 52mm (Kenko) 定価5,000円



E5700やC-2100UZはどちらも赤が強いので、どうしても緑の発色がいまひつつ見た目が悪いような気が
します。特に新緑の頃の緑がなんだか枯れかけた葉に見えたりしそうですね。そこで、このフィルターで緑
を鮮やかにしてます。これを使うと絞り1段+1/3分減光します。
まあ、ある程度はレタッチでも補えるので、このフィルターを使う機会はあまり無いですが・・・

★MCトワイライトフィルター(トワイライトレッド) 52mm (Kenko) 定価3,800円

★MCトワイライトフィルター(トワイライトブルー) 52mm (Kenko) 定価3,800円

トワイライトブルー トワイライトレッド
夕焼け(朝焼け)撮影用フィルターです。
夕方から夜になるまでの時間帯の風景をより綺麗なグラデーションで写すことができる。
基本的には太陽の沈む方向の撮影が一番効果があります。また、うす雲がかかって単調なグレーの空
が赤や青が浮き立ってきます。夜景撮影時は蛍光灯や水銀灯の光が緑っぽくなる色かぶりを抑える効果も
あります。これを使うと絞り1段減光します。
私は、トワイライトレッドは日没前30分〜日没(夕暮れ時)ぐらいまでの時に、
トワイライトブルーは日没〜日没後30分(黄昏れ時)ぐらいの時に使っています。
(トワイライトレッドは朝焼けにも使えます。)

★MC C2 52mm (Kenko) 定価2,200円

★MC C4 52mm (Kenko) 定価2,200円

★MC C8 52mm (Kenko) 定価2,200円

MC C2フィルター MC C4フィルター MC C8フィルター
色補正用のフィルターで、本来は色温度が低い場面で使用するが、E5700やC-2100UZで撮影した画像は、
赤が強いので、このフィルターで赤味を若干カットできます。
(E5700はホワイトバランスの微調整もできるのですが・・・)
このC2タイプは最も効果が弱いタイプです。C8はかなり効果の強いタイプです。
(MC C2,MC C4,MC C8,MC C12という順で効果が強くなっていきます。)
MC C4とMC C8はフジヤカメラジャンク館にて中古を400円で購入。

★MC W4 52mm (Kenko) 定価2,200円



色温度変換フィルターで晴れた日の影や曇りの日に青白い画像になる場合の青味を除去するフィルター。
E-100RSではたまに青っぽい画像になるので、試しに買ってみました。
フジヤカメラジャンク館にて400円で購入。

●特殊効果フィルター

画像に特殊効果を与えるフィルターです。

★R-パーシャルクロススクリーン 52mm (Kenko) 定価2,200円



夜景などの光源を撮ると十字に光っているように写るフィルターです。これもPLのように2枚重ね状態に
なっていて前の部分を回して、どういう向きでクロスするか変えられます。
このほかにも6方向や8方向になるものもあります。6方向のものもよさそうですね。
ただ、画面にたくさん光源があるとうるさい感じになってしまいます。
私は夜景撮影で、ごく稀にしかこのフィルターは使っていません。

★R-スノークロス 52mm (Kenko) 定価2,200円



上と同様、夜景などの光源を6本の光芒に光っているように写るフィルターです。
下のMARUMI製と違い先端が回転するタイプなので、角度が変えられる。 
これもフジヤカメラジャンク館にて400円で購入。

★6xクロス 52mm (MARUMI) 定価2,000円



光芒が6本タイプのクロスフィルターです。このクロスフィルターは、先端は回転出来ません!
(上のKenko製は回転出来る。)

●クローズアップレンズ

  クローズアップレンズはそもそも本来のレンズより撮影距離を短くしてくれるフィルターです。
  したがってマクロ撮影時により大きく撮れるます。ようは虫眼鏡のようなものですね。
 その代わり無限遠にピントが合わなくなります

  拡大する倍率でNo1〜No10まであります。(数値が大きいほど小さいものが大きく撮れます。)
  (詳しくは下記の「クローズアップレンズのナンバー」を参照のこと)

  また、テレコンを装着したときAFが合焦しない場合にこれを付けるとピントが合う場合があります。
  勿論、普通に合焦するレンズでも撮影可能距離が縮まります。
  
  被写界深度がかなり浅くなるので、ピント合わせは難しくなります。
  ピント幅は1mm以下という場合もあります。
  私はマクロレンズやクローズアップレンズ使用時はほぼマニュアルフォーカスで撮影しています。
  ピント合わせは自分の身体を前後させて調整しています。
  (本来は三脚に固定して、マクロスライダー等で調整すると完璧なんですが・・・)

  また、クローズアップレンズ使用時はAFは、ほぼ問題なく働きます。
  露出についても、基本的にカメラのAEを信頼できます。
  ただし、露出決定にレンズの撮影距離情報を参照するカメラ(ニコンなど多くのデジタル一眼レフカメラが該当します。)では、
  AE露出の精度が出ないときがあります。

  高倍率ズーム機ではクローズアップレンズのNo.2やNo.3でもテレ側でかなり大きく写せますし、ピントの
  範囲も若干幅がありますので使いやすいですね。No.4以上の倍率のクローズアップレンズはピント幅が
  数mmしかなくて、合焦させるのが苦労します。とくにNo.10はお薦めしません!
  撮影には三脚を使用されることをおすすめいたします。
  (雲台に取付けるマクロ用スライダーなどがあると撮影が楽です。)

  それから、1枚レンズのクローズアップレンズは色ずれが出る場合が多いんですが、同じ倍率のクローズアップレンズを
  リバースリングで片方を逆にして組み合わせると収差を打ち消し合う効果があるようです。
  しかし、リバースリングがkenkoなどからは52mm径のものしか発売されていないようです。
  ということで、一番簡単な方法は元から2枚レンズ(1群2枚)のACタイプのクローズアップレンズを使うのが手っ取り早いです。
  私はクローズアップレンズはほとんどACタイプのものを使っています。
  また、マクロコンバージョンレンズというものもレイノックス等から発売されていて、
  こちらはクローズアップレンズよりやや高価ですが、画質はいいです。

 New!
 ・クローズアップレンズのナンバー
  クローズアップレンズの商品名の後ろの数値はディオプターと言って、
  メガネやファインダーの視度補正に用いられる単位と同じ意味合いです。

  具体的には、
  ■被写体からクローズアップレンズまでの最長撮影距離=1m÷ディオプター数値となります。
   例えば4+の場合はレンズの無限遠にフォーカスリングを合わせると、撮影距離が1/4m=25cmとなります。
   3+なら33cm、2+なら50cm、1+なら1m、10+なら10cmということです。
   これはあくまでも無限遠でのことなので、さらに近接側(レンズの最短撮影距離側)ではもっと撮影距離が短くなります。

  クローズアップレンズを2枚重ねて使う場合は、
  ■撮影距離=1m÷クローズアップレンズのディオプター数値の和となります。
   具体的には、2+と3+の2枚重ねでは5+と同じ倍率になります。

   例えば、1+,2+,4+だったら7+と同じですね。
   この3枚の組み合わせで1+〜7+まで可能ですね。
   (組み合わせに依っては、ケラレが出る場合があるかもしれません。)
   (10+にさらに重ねるのはケラレや薄いピント幅、画質の観点からおすすめしません。)

★MCクローズアップレンズNo2 52mm (Kenko) 定価2,200円

★MCクローズアップレンズNo3 52mm (Kenko) 定価2,200円

★MCクローズアップレンズNo4 52mm (MARUMI) 定価2,200円

★MCクローズアップレンズNo4 62mm (MARUMI) 定価3,300円

Kenko製クローズアップNo.2 Kenko製クローズアップNo.3 MARUMI製52mm
クローズアップNo.4
MARUMI製62mm
クローズアップNo.4
62mmMC+4はE-10用として使用しています。MCON-35と同時に装着もできます。
その場合は広角側で若干ケラレが発生します。

★Pro1Digital ACクローズアップレンズNo.3 77mm (Kenko) 定価15,400円

    私の持っているレンズでは一番多い77mm径レンズ用に、ケンコー光学ショップでアウトレット品を購入。
    デジタルに対応したマルチコーティングが施されているタイプです。

★MCクローズアップレンズNo3 49mm (Kenko) 定価2,000円



C-2100UZやE-100RS用にフジヤカメラジャンク館にて中古を400円で購入。

★ACクローズアップレンズNo3 52mm (Kenko) 定価3,400円



これは上のMCタイプが1枚レンズなのに対して、こちは、色収差を抑えるために、1群2枚レンズ構成に
なっています。その分厚みが倍ぐらいあります。
これもフジヤカメラジャンク館で中古品を200円という格安で購入しました。

★ACクローズアップレンズNo4 52mm (Kenko) 定価3,400円



こちらも上記と同じACタイプのレンズでより倍率が高いNo.4です。
この拡大率では手ぶれ補正機能のあるC-2100UZ等でも手持ち撮影は難しいですね。
上記と同じくフジヤカメラジャンク館で200円で中古品を購入。

★ACクローズアップレンズNo.2 67mm (Kenko) 定価3,400円

同じくACクローズアップの67mmです。フジヤカメラジャンク館にて800円で購入。
DX18-70mmは最短撮影距離が38cmといまひとつ寄れないので、このレンズ用に買ってみました。
結構、寄れるようになりますが、倍率はNo.3あたりの方がいいかも?

★クローズアップレンズNo2(+2) 49mm (KOIDE) 定価?円



C-2100UZやE-100RS用にフジヤカメラジャンク館にて中古を400円で購入。

★クローズアップレンズNo.5T 62mm (Nikon) 定価4,500円

クローズアップNo.5T単体 E-10に装着 MCON-35と2段重ね さらにMC+4も変換リング
3つを使用して3段重ね。
これは、E-10用に購入した、かなり倍率の高いクローズアップレンズで、銀塩一眼レフの中望遠系レンズ用
のものです。1群2枚のレンズ構成で、収差を抑えています。フジヤカメラジャンク館にて800円で購入。
上記写真のようにMCON-35と重ねて使ったり、さらにMC+4も加えて3段重ねにしたりできます。
3段重ね時はレンズ前約2cmでピントが合います。
(MC+4は前側にレンズの出っ張りがあるので、そのままこのクローズアップレンズを装着できません。)
(したがって、ステップダウンリングとステップアップリングを組み合わせて装着しています。)

★クローズアップレンズ PX2 67mm (Kenko) 定価?円

PX2単体 ACクローズアップNo.2と
2枚重ね
DX18-70mm用にフジヤカメラのジャンク館で中古品を800円で購入。
ACクローズアップNo.2だけでは倍率が足りないとき使ってます。

●赤外フィルター

 赤外写真は白黒写真のようですが、ちょっと違う写り方をします。それは、赤外線をより多く反射する雲や
 木の葉が白く写り、赤外線の反射が少ない空などが黒く写るモノクロとはちょっと違う写真なります。
 

 まず、赤外フィルター入手の前に、お使いのカメラがどのくらい赤外域を通すかによって赤外写真に向いているか、
 かなり違いがあります。
 カメラ内部の赤外線カットフィルターが強ければ、赤外写真を撮るのにはあまり向いていない場合があります。
 (露光により時間がかかります。)
 (私の使っているニコンのE5700はこの点、赤外写真に向いているようです。)

 持っているカメラで赤外線写真に向いているかどうかこれは、以下の簡単なテストで判別出来ます。
 まず、テレビ等のリモコンをカメラのレンズに向けて、リモコンのどれかボタンを押してみます。
 そのときカメラは撮影モードにして、液晶モニターでリモコンの光が写っていたら、赤外写真に向いたカメラだと思われます。

 さて、本題の赤外フィルターは現在、フジフイルムのSCやIRシリーズやコダックのWrattenシリーズが入手可能ですね。
 これらはトリアセテート製のぺらぺらとしたシート状(75mm×75mm)のフィルターです。
 (カメラ専門の大型量販店などでは、1000円以下で購入できます。)
 最初はSC-72(フジフイルム)やWratten 89B(コダック)が使いやすいかもしれません。

 また、ガラスフィルターではHOYA R72(RM72)などがありますが、国内では販売されていません。
 以下の海外の通販サイトから購入可能ですが・・・しかも、ちょっと高価!
 ここで手に入るとのことです。価格は52mmで以前は$17.95+送料で購入出来ましたが、今は値上げしたようです。(;_;)

 シートフィルターを切り抜いて、プロテクターなどの枠を使い自作するのが安く上がりそうです。
 私は以下のKenko(HOYA)で特注して52mmのR-72を作ってもらいました。(^^ゞ

★InfraRed R-72フィルター 52mm (HOYA)) 特注品定価8,100円

左がKenkoのケース
真ん中がフィルター本体
右が白箱
HOYAのR-72フィルター
枠には文字は一切無い
赤外写真が撮りたくなって、このフィルターを購入しました。
とくに赤外写真はE5700&C-2100UZのような補色系フィルターのCCDと相性がいいようですね。
ところがHOYAのR-72フィルターは国内向けには一般販売していないそうです。
でも私は注文出来ちゃいました!? 一応、特注品ということになり、納期も2週間ぐらいかかりました。
届いた実物は外箱はただの真っ白い紙箱で、HOYAの代理店のKenkoのプラスチックのフィルターケースに
フィルター本体が入っていました。フィルターの枠自体にも何も文字が書いてません。
(ん〜!なかなか怪しい感じですね。)
箱の裏側に6,100円と貼ってありました。実際は6100円+1000円+1000円で合計8,100円支払いました。  

R-72は人間の目には見えない720nm以上の波長の光を50%透過出来るフィルターです。
可視光域はほとんどカットされるようです。
(ちなみに可視光域は一般的に420〜700nm付近とされている)
Kenkoから発売されている天体観測用のR-64フィルターは640nmの波長を50%透過するらしい。
よって可視光域も十分に透過してしまうようです。

テスト撮影で撮った写真はここです。(シャッタースピード4秒)

・現在、興味のあるフィルター(購入候補?)

ポートメイト (Kenko)

肌のシミや小じわ、毛穴、ソバカスを目立たなくするフィルターです。
ウチのカミさんが欲しがっていた・・・このフィルターは特注品でちょっと高い!

ローコントラストNo.1 (Kenko)

逆光時などのコントラストを適度に弱める効果があるそうです。
ラチチュードの狭いデジカメにいいかも?

L41SuperPRO WIDE (Kenko)

410nm以下の波長をカットする紫外線吸収フィルターです。
スカイライトやL37よりもカットする紫外線域が広い。(より強力?)
 

ホームに戻る  機材のindexに戻る  前の項目に戻る  次の項目に行く