機材選びは楽しいね!■ドレスアップグッズ編
デジタルカメラグッズ情報

■ドレスアップ・グッズ編

自分の愛機によりいっそう愛着が持てるようにストラップやカスタマイズグッズなどを紹介しています。


ストラップ類

★S5Pro専用ストラップ (FUJIFILM)
左がS5Pro予約
特典のストラップ。
右はS5Pro同梱品
S5Pro予約特典の専用ストラップ
薄く、柔らかで、丈夫な素材を採用しています。

★スーパーワイドIIストラップ 2335 (Nikon) 定価2,300円



 Nikon純正の一眼レフ用ストラップで45mmの太い幅です。
 よくNikonの銀塩一眼カメラにこのストラップを付けている人を見かけます。
 昔からの定番中の定番ストラップです。
 色は勿論、黒と黄色のNikonカラーです!
 E5700にはチョット大げさかも?
 現在はD70にこれ付けて、D70の付属ストラップをE5700に付け替えています。(2004.3)

★"Cheer up!"ワイドストラップ (OLYMPUS) 定価?円

 オリンパスの純正ストラップでワイドな幅のものはほとんど見かけませんね。(ストラップ自体あまり見かけません!)
 昔のOMシリーズで使っていたものをデジカメで使用されている方もいらっしゃるようです。
 このストラップは以前にも見かけたのと同じタイプで、以前あったのは、かなり使い込んでいて、
 金具も錆びている部分があって4000円もしたのですが、今回のはかなりキレイな一品です。
 値段は5,000円とチョット高い値札がさがってましたが、ほとんど未使用品のような感じなので、それで思わず
 買ってしまいました。(これって何の機種用のものでしょうか?ご存知な方はご一報くださいませ。)
 E-10付属のものより幅が広くていい感じです。やはりOLYMPUSの文字が入っているのはいいですね。
 ただカメラに装着する部分が紐になっているのでよれやすいのが少し難点です。

★カメラグリップPH KGP-01(HAKUBA) 定価2,800円

カメラグリップ単体 E5700に装着
 カメラを手首に固定するグローブ?落下防止や手ブレ防止になります。見た目もカッコイイ感じになります。
 一方をカメラの三脚用のネジで、もう一方をストラップの金具に固定して、あとはグローブ本体を手首に
 マジックテープで固定します。見た目もちょっとカッコいいです。でも私はほとんど使っていない・・・!?

●アイカップ

ファインダーの接眼目当て
私の持っているアイピース
関連用品の一部

★接眼目当て DK-4 (Nikon) 定価700円

DK-4を装着したE-10 真横から見た画像 正面から見た画像。
 NikonF3用のアイカップで、E-10に装着しているのをキタヤんさんのサイトで知り、560円で購入してみました。
 キタヤんさんはE-10の元のアイカップははずしているようですが、私は元のアイカップの上からDK-4を
 装着してみました。DK-4はラバー製なのでかなり引っ張って、伸ばして装着しました。

 これを装着したE-10は昼間の野外でファインダーがさらに見やすくなり、ファインダーから入って来る光も
 抑えられます。見た目も良くなったかも?
 ただ、液晶モニタのチルトアップ時はDK-4の下側部分が若干当たります。

★接眼目当て(RubberEyecup)F-601/F401X用 (Nikon) 定価500円

D70にF-601/F401X用
接眼目当てを装着。
D70標準装備のDK-16 接眼目当て単体。
左がF-601/F401X用
右がDK-16
F-601/F401X用
接眼目当て単体。
 D70にはDK-16という型番の接眼目当てが標準で装備されているのですが、ちょっと使いにくいので、E-10同様、
 D70に使えそうなものを探してみました。ファインダーの接眼部の形状は大きく分けて丸型と角型があるのですが、
 D70やD100は角型になっています。そして銀塩ではこのF601・F401Xが角型で、かなり大きめで柔らかい感じの
 接眼目当てなので、D70にはちょうどいい感じです。

★接眼目当て(RubberEyecup)DK-9 (Nikon) 定価400円

DK-9単体 D70装着時
 このDK-9はF70D、F50D、プロネア600i用接眼目当てです。
 D70に装着すると左右が接眼部よりはみ出ます。
 DK-16やF601・F401X用より少しかなりしっかり装着できる感じがします。
 でも両端が広いので、よく引っかかって、外れます。(^_^;)
 (↑のF601用よりはましですが・・・)

 その他にも同じ角型のF80、F60D、D100用のDK-10やプロネアSに標準で付属して
 いるDK-11もD70で使用できそうですね。(←未確認)

★接眼目当て(RubberEyecup)DK-20 (Nikon) 定価500円

DK-20単体 D70装着時 D70標準装備の
取れやすいDK-16
 このDK-20はD70のマイナーバージョンアップに当たる後継機種のD70sに標準で装着されている
 接眼目当てです。D70標準装備のDK-16はすぐに取れてしまって、なくす人が多かったようなので、
 取れにくい接眼目当てのこのDK-20を新たに開発したようです。
 このDK-20が一番外れにくい接眼目当てです。D70ユーザーにも必携の接眼目当てだと思います。
 DK-16をなくした人は、次回はこのDK-20を買いましょう!

★アイピースキャップDK-5 (Nikon) 定価200円

DK-5をD70に装着 DK-5単体
 D70標準付属品のアイピースキャップです。これはリモコン撮影時やバルブ撮影時のファインダーからの逆入光を防ぐ
 ために使います。使い方は、接眼目当てをはずしてこれを装着します。

●鏡胴カバー

C-2100UZ用

 オリンパスのデジカメE-100RSやC-2100UZのユーザーには既におなじみのスポーツグラブ375さん
 (スキー用手袋とかを作っているところ)のサイトで販売されているC-2100UZ用の鏡胴カバーです。
 C-2100UZに、これ付けてるのと付けてないのではかなり見た目の印象が違いますね。
 もちろん構えた時も滑りにくくなって、いい感じです。

★No.2100-11 (Sports Gloves375) 色:黒 定価500円



 柔らかい牛革製で作られています。
 輪っか状に縫製されていて、下記のラバーを貼った鏡胴部に巻き付けます。

★No.2100-12 (Sports Gloves375) 色:茶 定価600円



 色は他にモスグリーンもある。2100-11の黒とは革質が違い、感触はしっとりした感じです。
 ただし、若干色ムラが多少有ります(特に茶色の方)。
 この革はスキー手袋用の革で作ってあるそうです。

★No.2100RU (Sports Gloves375) 色:黒 定価200円

C-2100UZの鏡胴に巻いたところ
  このラバーを鏡胴部に貼らないと革のカバーが付けられません!自作も可能?
  このラバーは天然ゴムで出来ていて、裏側に両面テープが貼ってあります。

・DC-B7用 (セミオーダー品)

 スポーツグラブ375さんにC-2100UZの鏡胴カバーを注文したとき、DC-B7のカバーを作って頂けないかと
 お聞きしたら、セミオーダーということでお引き受け下さるとのご返事を頂き、NikonE5700用アダプタチューブ
 DC-B7(Kenko製)用の鏡胴カバーを作って頂きました。
 (作って貰ったものはC-2100UZ用のものが元になっています。)
 こちらのアルバムにも画像をアップしましたので、ご覧下さいませ。

 これで、DC-B7を装着したE5700も見た目がますますいい感じになりました。私は特に306型(赤)が
 気に入ってます。
 撮影時にDC-B7部分を持って構える場合、革が巻かれているので滑りにくくて、持った感触もよりよくなります。
No.2100-11型とNo.2100RU型 No.209型赤とNo.209型黒、
キャップ用ストラップ

★No.2100-11型(黒) (Sports Gloves375) 定価750円


 スキー手袋用のやわらかい牛革を使っているそうです。輪っか状に縫製してあります。
※上記のDC-B7用NO.2100-11型はセミオーダー品です。価格も通常の5割増しになります。

★No.2100RU型ラバー (Sports Gloves375) 定価300円

DC-B7に巻き付けたところ それをE5700に装着
 天然ゴム製で、これを両面テープで接着してから上記のNo.2100-11型カバーを巻く
※上記のDC-B7用NO.2100RU型はセミオーダー品です。価格も通常の5割増しになります。

No.209型 No.306(赤) (Sports Gloves375) 定価1,020円 580円になりました!(詳しくはこちら)

DC-B7に巻いたところ。
裏側はこのようにマジックテープでとめる。
それをE5700に装着
 両端にパイピングを施してあって、マジックテープで巻く方法になっている。牛革製
 上記は長さの短いタイプです。これより1cm長いタイプは下記参照
 (ラバーを巻かなければ、この寸法でも十分使えます!)

No306改良型(赤) (Sports Gloves375) 定価870円(新価格!) (詳しくはこちら)

以前の旧型タイプ ちょっと長くなった新型タイプ 新旧2つのタイプを並べて
みました。長い方が新型。
 上記のNo.306はじつはラバーを装着しないで、巻くようになっていたのですが、私はNo.2100-11型
 も併用しているので、DC-B7にラバーを巻いて、使っていました。なので、寸法が若干足りなくなり、
 マジックテープが少ししか接着するところがなかったのでした。そのことをスポーツグラブ375さんのお伝え
 したら、ご厚意でこの改良型を無料で作って頂きました。前のより1cm全長が長くなって、ラバーの上に
 巻いてもちょうどよい寸法になりました。スポーツグラブ375さんありがとうございました。

No.209型 No.306(黒) (Sports Gloves375) 定価1,020円 580円になりました!(詳しくはこちら)

DC-B7に巻いたところ それをE5700に装着
 No.306のパイピング部の色違い。

 興味のある方は、よろしかったら、ご注文されてみてはいかがでしょうか?
 ※鏡胴カバーを複数枚注文すると2枚目以降(どの種類の鏡胴カバーでもOK)の単価は100円引きになります。

No.209型が「着せ替え式鏡胴カバー No.306」として通常製品になりました。

 上記で紹介したスポーツグラブ375さんのDC-B7用鏡胴カバーがセミオーダー品から
 「着せ替え式鏡胴カバー No.306」として通常製品にラインアップされました!
 価格も1,020円から送料・税込み580円とお安くなりましたね。
(580円分の切手での支払いもOKのようです。)
 今回はDiMAGE7のズームリング用にも使えるとのことで通常製品になったようです。
 (これを使うとDiMAGE7のズームリングがまわしやすくなるようです。)
 なお、この製品には、No.209付属の極小ストラップは付いてませんのでご注意ください。
 詳しくはこちらをご参照下さい。

●その他

★フォトベストW L (Nikon) 色:カーキグレー 定価14,000円
前側 背中側 フォトベストと
フォトハット
ニコンオンラインショップでのアウトレットで7,600円で購入。
14のポケットを装備。左右両側の下段ポケットに一眼レフボディーが収納できます。
素材は撥水加工を施した綿100%。
★フォトハット M (Nikon) 色:ベージュ 定価6,300円
フォトハット
ニコンオンラインショップでのアウトレットで3314円で購入。
撮影時にツバがファインダーにかからないようにするため、ツバの折り返し機能がついています。
★ベルト付ブランケット (Nikon) 色:グレー 非売品
畳んだ状態 広げた状態
ニコンオンラインショップで注文したらオマケでもらった膝掛け。

ホームに戻る  機材のindexに戻る  前の項目に戻る  次の項目に行く