機材選びは楽しいね!■デジタルカメラ本体編
デジタルカメラグッズ情報

■デジタルカメラ本体編


★E-100RS (OLYMPUS) 動体撮影専用カメラとして使用中!

正面 側面 SONYの花形フード装着 純正テレコンTCON-17と
ラバーフードを装着
このカメラでの作例はこちらです。

・主な仕様

CCD:151万画素1/2型/原色フィルター、焦点距離:7.0mm〜70.0mm(35mm判換算38mm〜380mm)
10倍ズーム、開放絞り値:2.8(ワイド端)〜3.5(テレ端)、絞り羽根:6枚、シャッター速度:15〜1/10000秒、
レンズ構成10群13枚、記録メディア:スマートメディア&コンパクトフラッシュ、電源:単三型電池4本もしくは
CR-V3型リチウム電池2本、定価160,000円
2003年4月購入
E-100RSはE5700やC-2100UZで苦手な動体撮影に使用中。
上記の写真のとおり、E-100RSにもレンズ鏡胴部にスポーツグラブ375製鏡胴カバーを巻いております。

・購入の経緯と感想

前からE-100RSは気になっていたのですが、最近、どうしても欲しくなり、いろいろと探していたら、ノジマの
ネット上の店で2003年4月上旬に39,800円の放出があったようでしたが、気が付くのが遅くて、既に売り切れ
でした。あきらめかけていたとき、2003年4月23日、同じノジマのyahoo店でさらに1万円安い29,800円のタイム
バーゲンがあるとの情報を掴み、準備を整えて、その時間が来るのを待って、いざ、挑戦してみたら、あっさり
跳ね 返されました・・・。販売時刻からすぐに買い物かごへ入れて、注文の手続きに画面に入ったのですが、
最後のところ(カードの名義人の項目)を入力し忘れて、引っかかっているうちに、売り切れてしまいました。
ものの数分で完売してしまいました。
これで、さらにショックで立ち直れない状態の時、友人からメールがありました。それは、近所でオープンする
ショッピングモールにノジマがテナントで入っていて、「今日の新聞に明日からオープンセールの折り込み広告
が入ってきて、その中にE-100RSが限定10台29,800円と掲載されていた」との情報でした。これはまさしく、
天の声かと思い、早速、広告をチェック!憧れのE-100RSが写真入りでありました!E-100RSの販売は翌日
のオープンセールの商品だということも、よく見ずに、すぐに、店に電話をしました。(実はこのとき今日が
プレオープンだとは知らなかった。)「E-100RSの在庫ありますかー?」って聞きました。そうしたら、調べて、
折り返し電話するとのことで、その5分後に電話があり「はい、ございます」っていう神の声が聞こえました。
さらにダメモトで「それ、取り置きしてもらえます?」ってさらに聞いて見たら、「今日中にご来店頂ければ、
かまいません」とのことでした。応対した店員さんの名前を確認して、「店に行ったらその名前を言って貰えば、
レジの者が分かるようにする」と確約して貰い、それから電話を切るやいなや、すぐさま、その店舗に車を飛ばし
たのは、言うまでもありません!行ってみると、電話の店員さんは接客中とのことで、代わりに別のデジカメ
売り場付近にいた店員さんが応対してくれ、奥からE-100RSの箱を持ってきてくれました。心の中で「やった!」
と叫びました。この店は新入社員が多く配属されていたようで、さらに、この日がプレオープンなので、ドタバタして
る感じでした。それで、いざお金を払う段になってみると、最初は広告の通りの\29,800+税の金額でしたが、
オープン記念割引が20%あるんじゃないかと、他の店員と相談してました。それで、実際の請求額は29,800円の
20%引きの23,840円+税でした。これには驚いて、一万円札一枚引っ込めて、千円札を若干追加してしまいました。
それで長期保証はやっていないのか聞いたところ5年保証が+3%の金額で入れるとのことで、それも合わせて
申し込みました。つまり29,800円の20%割引で23,840円になり、保証が3%の715円プラスした税込み価格が合わ
せて、驚きの25,783円でした!こんな値段で新品のE-100RSが買えるとは思っていませんでした。
「なんていう日だ!」
ちなみに、友人2人もE-100RSを買わせてしまいました。このとき閉店間際だったのですが、中堅クラスの店員さん
が「明日の売り出し用の商品なので、今日は売れない」と断られてしまったようでした。一度自宅に帰り、私の様に、
店に電話して、携帯電話売り場の新人さんに取り置きしてもらってから、閉店後、取りにいったそうです。オープン
記念割引は10%だったらいいです。なんかE-100RSの在庫はそのとき残り6台になっていたようです。っていうことは
翌日の売り出し時は10台無かったのかな?(新人の店員さん上司に怒られてなければいいんですが・・・)
ということで、念願のE-100RSをこれから使い倒したいと思います。

・購入後使ってみた感想

C-2100UZに比べて秒15枚の連写やプリキャプチャー機能、CF対応、動画がVGAで秒30フレームなどなど機能が
豊富ですね。またC-2100UZで不満だったシャッター速度の上限1/800秒(マニュアル時)から1/10000秒になった
ので、NDフィルター使わなくてもよさそうだし、ホワイトバランスも白セットできます。
何枚か撮った感じでは青が強いような気がします。風景などを撮るとさすがに150万画素機なので、解像度が足りない
ような感じです。まあ背景をボカした写真ならいけそうですが・・・。いままで、E5700やC-2100UZでは若干苦手だった
動体撮影に真価を発揮しそうです。

・E-100RSとC-2100UZとの性能比較表

機種名 C-2100UZ E-100RS
CCD 1/2型211万画素 補色フィルター 1/2型151万画素 原色フィルター
最大記録画素 1600×1200 1360×1024
シャッター速度 1/2〜1/800秒
マニュアル時:16〜1/800秒
2〜1/10000秒
マニュアル時:16〜1/10000秒
ホワイトバランス フルオート、プリセット フルオート、プリセット、
ワンタッチホワイトバランス(白セット)
、ブラケット撮影可
オートフォーカス TTL方式iESP AF、スポットAF TTL方式AF、スポットAF
連写機能 SHQ:秒間1.5コマ5枚まで
HQ:秒間1.8コマ16枚まで
SHQ:秒間15コマ10枚まで
HQ:秒間15コマ27枚まで
プリキャプチャー機能 なし 5枚まで
動画 HQ:320×240 15fps
SQ:160×120 15fps
HQ:640×480 30fps
SQ:320×240 30fps
USB端子 ベンダークラス対応 ストレージクラス対応
リモートケーブル端子 なし あり
内蔵スピーカー なし あり (疑似シャッター音あり)
記録メディア スマートメディア スマートメディア、コンパクトフラッシュ
重量 540g (電池、カード含まず) 575g (電池、カード含まず)
外観 ボディー色:シャンパンゴールド
グリップの形状の一部がE-100RS
と僅かに異なる
ボディー色:黒
鏡胴部にラバーが巻いてある。
大型のアイカップ。

・E-100RSとC-2100UZとの比較しての感想

解像度

細かい背景の写真などでは、違いが分かります。しかし、E-100RSも151万画素機ですが、
最近の下手な200万画素機より画質はよかったりします。

色合い

C-2100UZの方が私は好感が持てます。少し赤が強いですが・・・。
E-100RSは原色フィルターで色がC-2100UZより鮮やかだが、新緑が枯れかかった葉っぱに写ることも・・・
茶色にころびやすいのかな?空はC-2100UZよりE-100RSの方が青く写せます。
それから、C-2100UZの方が偽色が出やすいようです。

エッジ処理

E-100RSはかなり強めなので、シャープネスの設定を「弱」にしたほうがよいようです。
C-2100UZは「標準」でほぼいい感じです。

AFスピード

iESPのC-2100UZの方がE-100RSより速い感じです。

対応メディア

E-100RSの場合、コンパクトフラッシュにも対応していて、非公式だがマイクロドライブも使えます。
やはりスマートメディアより断然コンパクトフラッシュの方が高速に読み書き出来ます。

シャッター速度

C-2100UZは昼間の晴天時の撮影では1/800秒までしかないので、白トビしやすく、
NDフィルターが必携となりますね。E-100RSは1/10000秒までなので余裕があります。

ホワイトバランス

C-2100UZは白セット出来ないので、人工照明下で忠実な色合いを出しにくい。
E-100RSは白セットできるので、簡単にホワイトバランスの調整が出来ます。
しかし、オートホワイトバランスはC-2100UZの方が優秀かも?

USB端子

E-100RSの場合、市販のケーブルで繋げばパソコンで認識するので便利です。
C-2100UZはベンダークラス対応なので、専用ソフトが必要になって手軽に使えませんので、
PCカードアダプターかUSB等のカードリーダー経由で使うほうがいいかもしれません。
(出来ればスマートメディアはなるべく抜き挿ししたくないんですが・・・)

動画

E-100RSでは、VGAで30fpsなので、デジタルビデオ並の画質で録画出来るが、録画時間が
最高画質で5秒程度なのが残念です。C-2100UZはQVGAで15fpsなので、本当にオマケ程度ですね。
あとC-2100UZにはスピーカーも本体に無いので、本体だけでは、音が聞けない。

・私のE-100RSとC-2100UZの使い分け

E-100RSは秒間15枚連写やプリキャプチャー機能を持ち圧倒的に動体撮影に向いています。
C-2100UZはわりと好感の持てる色合いと解像度で静体撮影にいいと思います。
したがって、誰もが思いつくような結論ですが、私の場合、動体撮影以外はC-2100UZを使う機会が多そうです。

ホームに戻る  機材のindexに戻る  次の項目に行く